CAD

【HO_CAD pao】の使い方「初心者さん向け」

まさあき

私が20年ほど使わせていただいている【HO_CAD】の使い方についてお話しします。

HO_CADの魅力は何といっても「測量」コマンドにあると私は思います。
測量CADとして、これほどリーズナブルな2次元汎用CADはないのではないでしょうか。
実際に、今現在でも現場で使わさせていただいております。

もう一つの魅力は、DOS版JW-CADと「コマンドパネル」の配列がほぼ同じであり、操作性をそのまま引き継いているという点です。
私は以前、DOS版JW-CADを使っていましたので、ストレスなくHO_CADに移行できました。

ということで、早速「HO_CAD」の使い方を初心者さん向けに解説させていただきます。

HO_CAD paoとは​

HO_CADはWindows上で作動する2次元汎用CADです。​
低スペックなパソコンでもサクサク作動します。​

HO_CAD pao公式ホームページhttp://www.ho-cad.com/

HO_CAD paoからはExcelでいうsheet(シート)のように、ウィンドウを複数立ち上げることができて、図面間の複写・移動が簡単にできます。​

コマンドパネルは、JW CAD(DOS版)との互換性が高く、操作性を引き継いでいます。​

マウスの使い方

マウスの使い方は「JW-CAD」と基本的に同じです。

「右クリック」で線の端点や交点を合わせます。
「左クリック」は任意の位置から線を引きます。

マウスの使い方については4回に分けて動画で説明しております。

マウスの使い方についての解説動画1回目です。右クリックと左クリックを同時に押してドラッグする使い方をわかりやすく解説しています。慣れるととても便利です。

マウスの使い方についての解説動画2回目です。コマンド線引「/」を使用する時の右クリック・左クリックについてわかりやすく解説しています。

マウスの「右ドラッグ」機能について解説しております。今回も簡単チュートリアルを使って実際に操作してみました。線の中心や円の中心に文字や線を設定できるほか文字の角度取得も少ないクリック数で設定できるので作図スピードが格段と上がります。

マウスの使い方「初心者向け~上級者向け」まで盛りだくさんです。右クリック・左クリック・右ドラッグをうまく使いこなせるとCADでの作図が楽しくなります。

メニューバー

メニューバーには、「ガイダンス」と「メニュー項目」に分かれています。
ガイダンスは、今どう操作すると良いのかが表示されています。
メニュー項目は、コマンドの選択に連動して表示が変わります。
右クリックドラッグ中のメニューバーは水色に表示が変わります。

詳しくはこちらのブログを参考にしてください。

あわせて読みたい
HO_CAD【メニューバー】について解説します
HO_CAD【メニューバー】について解説します

ペンパネル

ペン番号は、印刷時の線の太さに対応しています。作図する時のペンを区別するために各ペン固有の色(表示のみ)を持っています。印刷するときの色とは無関係です。

あわせて読みたい
HO_CAD【ペンパネル】について解説します
HO_CAD【ペンパネル】について解説します

ツールパネル

ツールパネルは次の機能を設定することができます。

  • スナップ設定
  • スナップ感度調節
  • 90度フィット無効化ボタン
  • 範囲記憶ボタン
  • 線幅表示設定
  • 面表示設定
  • 測量設定ボタン
  • 測点一覧表ボタン
あわせて読みたい
HO_CAD【ツールパネル】について解説します
HO_CAD【ツールパネル】について解説します

文字

文字列入力には、引き出し線・バルーン・円や四角で囲む装飾文字・自動インクリメント・部分選択区切り文字・マルチテキスト・表作成などの機能があります。
オプションパネルの設定方法も解説しておりますので、こちらのブログ参考にしてください。

あわせて読みたい
HO_CADの【文字】バルーンなど便利な使い方を全て解説します
HO_CADの【文字】バルーンなど便利な使い方を全て解説します

印刷

コマンド「入出力」から「②印刷」をクリックすると、左クリックで印刷開始、右クリックで範囲変更の操作ができます。
その他に6つの設定ができるので1つ1つ実際に操作しながら解説します。

インフォメーションパネル

インフォメーションパネルはコマンドパネルの上にあります。
CAD図面上に作図されている線数・画数・文字数が常に表示されています。
マウスのポインターを持っていくと、グリッド線と軸角を設定する画面に変わります。
線分・多角形・円を選択して、長さ・角度・半径を入力設定すると、入力した数値が表示されます。

あわせて読みたい
HO_CADの【インフォメーションパネル】を解説「グリッド線」など設定できます
HO_CADの【インフォメーションパネル】を解説「グリッド線」など設定できます

レイヤー・グループ

レイヤは「透明な紙」というイメージです。透明な紙に、寸法や躯体の線を分けて描くことで編集が楽になったり、表示・非表示を行うことができます。
グループは「レイヤが収まっている部屋」というイメージです。
部屋ごとに縮尺を変えて作図することができます。

あわせて読みたい
HO_CADの【レイヤ・グループ】についてわかりやすく解説します
HO_CADの【レイヤ・グループ】についてわかりやすく解説します

測量

座標

SIMAデータやCSVデータから座標を読み込んだり保存したりすることができ、平面図上に座標を展開することが可能です。

あわせて読みたい
「測量」コマンドでXY座標を拾う方法を解説【HO_CAD pao】
「測量」コマンドでXY座標を拾う方法を解説【HO_CAD pao】

図面上の北方向設定

「測量」→「③座標系設定」→「①図面上の北方向設定」をクリックすることで、座標を設定する際の「真北」の方向を設定することができます。
設定には2つの方法があります。
1つ目は、座標系のよう用紙上での真北方向(角度)を入力する。
2つ目は、真北を指している線を指示する。

放射トラバース計算

トータルステーションとHO_CADで小規模現場の地形測量から土量計算までの流れを解説しました。TSで水平角度・水平距離・高低差を放射状に測量しHO_CADの「測量」コマンドを使って座標に変換して平面図と横断図を作成します。横断図から断面積をCADで測定しExcelで土量計算しました。

あわせて読みたい
「平面図+横断図」を作成しよう【HO_CAD】
「平面図+横断図」を作成しよう【HO_CAD】

逆トラバース計算

表示された座標点をクリックして復旧・位置出ししたい座標までの水平距離と水平角度が簡単に計算できます。

あわせて読みたい
【逆トラバース計算】をHO_CADでやってみました
【逆トラバース計算】をHO_CADでやってみました

画像等

コマンド「画像等」を使って画像データを貼り付ける方法です。
画像データ(JPG)の縮尺を合せます。
トレースして計画平面図に複写する方法をわかりやすく解説します

あわせて読みたい
【HO_CAD】画像(JPG)貼付け→縮尺を合せて トレース→計画図貼付け方法を解説
【HO_CAD】画像(JPG)貼付け→縮尺を合せて トレース→計画図貼付け方法を解説

変形

包絡

「パラメトリック変形」で図形を一部変形させたり、「包絡」で線と線を一瞬で処理整理することができます。初心者さん向けです。

あわせて読みたい
【変形】を使ってみよう「HO_CAD」初心者向け
【変形】を使ってみよう「HO_CAD」初心者向け

曲線

クロソイド曲線

コマンド「曲線」から
1,クロソイド(KA,KE点指定)
2,クロソイド(KA点+進入直線指定)
3,クロソイド(基本型)
の3つの方法でクロソイド曲線を作図することができます。

あわせて読みたい
HO_CADで【クロソイド曲線】を作ってみよう
HO_CADで【クロソイド曲線】を作ってみよう

寸法

面積(ヘロンの公式)

コマンド「寸法」から「面積」をクリックして、三角形の頂点を「右クリック」していきます。
「計算書作成」から三角形の中央に表示している数字を全て左クリックします。
「求積表作成」をクリックします。求積表作成という表が表示されるので、書式などを設定します。コピーすると、エクセルにそのまま貼り付けることができます。
「図面に書き込み」をクリックすると、CAD画面上へ貼り付けることができます。

あわせて読みたい
HO_CADで【ヘロンの公式】を使ってみよう
HO_CADで【ヘロンの公式】を使ってみよう

図形

断面図作成

「図形」→「⑥断面図作成」を選択します。
平面図の座標点や測点、線の交点や端点をクリックして、横断図の線を作成できる機能があります。

プロパティ

線や文字の属性や設定をプロパティによって変更することができます。
線1本だけの色を変えたり文字の大きさや色を簡単に変えることができます。

あわせて読みたい
HO_CAD【プロパティ】を使おう!初心者さん向け
HO_CAD【プロパティ】を使おう!初心者さん向け

複写

側溝の割付けをクロソイド曲線部分で実際にやってみました。
落蓋式U型側溝300の平面図を回転用の円と一緒に「複写+回転」の繰り返しで作図しています。

2線

ヘロンの公式で使用する三角形の「三辺長指定の三角形」の書き方を【HO_CAD】で解説いたします。
コマンド「2線」から2線長による結線Rで作図が可能です。
三角形の作図からヘロンの公式による面積計算まで、実際に操作しております。

ボックスカルバートを書いてみよう

最初に用紙サイズと縮尺を設定するだけで図面を書き始めることができます。
線の引き方、寸法の入れ方、文字の入れ方、着色方法まで動画で説明しております。
線の交点や端点にぴったり合わせたい時は右クリック、画面上の自由な位置から線を引きたい時は左クリックを使います。

終わりに

このブログは、記事を増やしていく予定ですので、またのぞきに来ていただければ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村
ABOUT ME
まさあき
まさあき
土木施工管理技士
「まさあき」と申します。
土木施工管理歴30年。
地場の小さな建設会社に勤務しております。
1級土木、2級管工事、2級舗装、測量士、砕石業務管理者を保有しております。
このブログは、工事現場に関する「施工管理」・「測量」・「HO_CAD」・「JW-CAD」・「パソコン」などについて発信しています。
参考にしていただけると嬉しいです。
記事URLをコピーしました