CAD

HO_CADで【ヘロンの公式】を使ってみよう

このブログでは、HO_CAD paoで「ヘロンの公式」を使った面積計算の方法をわかりやすく解説します。

下の多角形を7個の三角形に分けてヘロンの公式で面積を求めてみます。

キーボードの「F12」を押すと、折れ点部分が小さな赤丸で表示してくれます。

作図単位を「m」に設定しよう

「作図単位」を「㎜」から「m」に変更することをおススメします。
「㎜」単位で面積を計算すると、表に収まらないほどの桁数になってしまいます。

コマンド「寸法」→「面積」

三角形で分けました。

コマンド「寸法」をクリックして、「面積」をクリックします。

三角形の頂点を右クリック

上のバーに「頂点マウス指示」と表示されます。
三角形は右クリックで指示していきます。

三角形の頂点を3点、右クリックします。
「求積部分」の属性というダイヤログが表示されます。
「ヘロン」に✅を入れます。

ハッチングをする場合は、「色」と「パターン」を選択します。
今回は「水色」と「斜線」を選択して「OK」としてみます。

3点右クリックした部分がハッチングされて、中央に「1」と表示されます。

同じ手順で、それぞれの三角形の3点を右クリックしていきます。
ハッチングされた三角形で多角形が埋まりました。

この状態で、上のバーにある「①計算書作成」をクリックします。

計算書の作成・貼付け

「計算書に含める面積寸法をマウス指示」と聞いてくるので、三角形の中央にある数字「1~7」を順番に左クリックします。

7個の数字をクリックしたら、上のバーにある「求積表作成」をクリックします。

「求積表作成」と表が表示されます。
ここで、書式設定・表示倍率などを設定します。

コピーをするとExcelに貼り付けることができます。

「図面に書き込み」を選択するとCAD画面内に書き込みができます。

ヘロンの公式を使った面積計算書を表示することができました。
解説は以上となります。

おわりに

今回のブログでは、HO_CADでヘロンの公式を使った面積計算を解説させていただきました。

多角形を三角形に区切り、コマンド「寸法」から「面積」をクリックして、区切った三角形の頂点を「右クリック」していきます。

「計算書作成」から三角形の中央に表示している数字を全て左クリックします。

「求積表作成」をクリックします。

求積表作成という表が表示されるので、書式などを設定します。

コピーすると、エクセルにそのまま貼り付けることができます。

「図面に書き込み」をクリックすると、CAD画面上へ貼り付けることができます。

便利な機能ですので、ぜひ使ってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

PVアクセスランキング にほんブログ村

ABOUT ME
まさあき
「まさあき」といいます。 土木施工管理歴30年。現在は地場の建設会社に勤務しております。1級土木、2級管工事、2級舗装、測量士、砕石業務管理者を保有しております。このブログは、工事現場に関する「施工管理」・「測量」そして現場で使用する「パソコン」について発信しています。 私の土木技術者として知識が皆様のスキルアップにつながるとうれしいです。