CAD
PR

【射影変換】斜めから撮られた写真を修正|HO_CAD pao

まさあき
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

コマンド「画像等」からカレンダーの写真を左クリックし、「変換点指示補正」で射影変換してみましょう。
カレンダーが真上から見た状態に変換されます。

Sampleフォルダに入っています

このカレンダーの画像が付いているHO_CADデータは「サンプル」としてこちらのフォルダに入っています。

「H_O’sThinkTank」→「HO_CADpao」→「Sample」→「射影補正サンプル」

画像等【変換点指示補正】

コマンド「画像等」をクリックします。
画像の上を「左クリック」すると画像編集モードに変わります。
右クリックすると画像を移動できます。

「①変換点指示補正」をクリックしましょう。

補正位置を4点指示

画像のカレンダー枠4つ角を、CAD画面上の外枠に補正するようにマウスで指示します。

「補正変換前1点目マウス指示」と表示されるので、画像の角を左クリックします。
クリック後、「補正変換後1点目マウス指示」と表示されるので、CAD画面上のコーナーを右クリックします。

この操作を4点で行います。

変換リンクテーブル

変換リンクテーブルの変換方法を「アフィン変換」から「射影(4点)変換」に変更します。

①変換実行をクリックします。(アジャスト実行でも同じです)

  • 1点固定補正: 第1点目のリンク点を固定し、大きさと回転を変更します。
  • ヘルマート変換:「相似変換」とも呼ばれます。変換前と変換後では図形の形が変わりません。
  • アフィン補正: 線型変換と平行移動の組み合わせによる変換です(形状も変わります)。
  • 射影補正: 斜めから撮られた写真を正規化します。

「変換した画像にレクティファイ処理を行いますか?」→「はい」

レクティファイとは、修正・改善することという意味です。

レクティファイを行うと変形された画像は矩形化されます。
この処理により図面の印刷や保存を軽くすることができます。

射影変換完了

ということで射影変換完了です。
図のようにカレンダー画像の枠と、CADの枠が同じ位置になりました。

おわりに

今回のブログでは、HO_CADpaoの射影変換について解説させていただきました。

斜めに撮影したカレンダーの画像データを真真上から撮影したように変換する機能です。

このCADデータはHO_CADサンプルホルダーの中に入っていますので、是非実際に操作してみてください。

ということで以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

あわせて読みたい
【HO_CAD pao】の使い方「初心者さん向け」
【HO_CAD pao】の使い方「初心者さん向け」
他の記事も読んでみよう
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村
施工管理技士・受験対策通信講座「独学サポート事務局」申込促進プロモーション
ABOUT ME
川下 政明
川下 政明
土木施工管理技士
川下政明(かわしもまさあき)と申します。
土木施工管理歴30年。
地場の建設会社に勤務しております。
1級土木、2級管工事、2級舗装、測量士、砕石業務管理者を保有しております。
このブログは、工事現場に関する「施工管理」・「測量」・「HO_CAD」・「JW-CAD」・「パソコン」などについて発信しています。
参考にしていただけると嬉しいです。
記事URLをコピーしました