CAD
PR

マンホールの位置を測量しよう|座標値・水平距離・水平角度はHO_CADで簡単計算!

まさあき
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

このブログでは、HO_CAD paoを使って、平面図上からマンホール位置を現場で測量できるように「XY座標」・「水平距離」・「水平角度」を拾う手順について解説していきます。

今回の例として使用する平面図は次のようになっております。

  • マンホールM-1~M-3までと下水道管路の平面図です。
  • 平面直角座標点が管路線付近に数点あります。(SIMAファイルあり)
  • マンホール中心点の座標値はありません。

この平面図上で、マンホール中心点の座標を拾い、逆トラバース計算で水平距離と水平角度を計算してみましょう。

SIMAファイル読込

基準点T-1~T-6の座標値をHO_CADで読み込みます。

「測点一覧表」より「ファイル」→「インポート」→「SIMAファイル読込」

SIMAファイルを選択します。

座標原点位置設定

座標値と平面図の位置を合わせます。

T-5の基準点を座標原点として設定します。

「③座標系設定」をクリックします。

平面図上の「T-5」を右クリックします。

測点基点座標入力「参照」→測点参照「T-5」→「OK」をクリックしていきます。

測点基点座標入力「OK」をクリックします。

以上で平面図の座標系を設定することができました。

図面をクリックして座標値を拾う

平面図上を「右クリック」してM-1,M-2,M-3のマンホール中心点位置の座標を拾います。

コマンド「測量」→「①測点編集(L)」又は、画面上で左クリックします。

「①図面から拾う(R)」をクリック又は、画面上で右クリックします。

マンホールM-1中心点を右クリックします。

測点ダイアログが表示されるので、「M-1」と入力して「OK」をクリックします。

M-2、M-3も同じ手順で図面上のマンホールの中心を「右クリック」→「OK」クリックします。

以上で、マンホールの中心座標が登録されました。

逆トラバース

「④逆トラ計算」をクリックします。

後視点を「T-4」、器械点を「T-2」とします。

次に「測設点」としてマンホールの中心M-1~M-3をクリックします。

「一覧表」をクリックすると「逆トラバース計算表」が表示されます。

逆トラバース計算表には、器械点T-2、後視点T-4の0°セットで水平距離が表示されております。

それから、M-1,M-2,M-3までの水平角度と水平距離が計算されております。

コピーしてExcelに貼付け

逆トラバース計算した表をエクセルの貼付けてみましょう。

逆トラバース計算表の「コピー」→「OK」をクリックします。

Excelなどの表計算ソフトを立上げて「貼付け」します。

この表を印刷して、以下の手順で現場にて測量します。

  1. トータルステーションを「T-2」に据付けます。
  2. 「T-4」を視準して0°セットします。(水平距離28.267mを確認します)
  3. トータルステーションのい水平角度を16°47分34秒に合わせます。
  4. トータルステーションから水平距離45.043mの位置がマンホールM-1となります。
  5. 同じ手順でM-2、M-3の水平角度と水平距離でマンホール位置を測量します。

HO_CADの操作は以上となります。

まとめ

今回のブログでは、HO_CAD paoを使って、下水道工事のマンホール位置の座標の拾い方や、逆トラバースによる水平距離と水平角度を計算してみました。

  1. 「SIMAファイル」を読込みます。
  2. 座標原点位置設定により、平面図と座標値の位置を合せます。
  3. 平面図上を「右クリック」してマンホール中心点位置の座標を拾います。
  4. 逆トラバース計算により、各マンホールまでの水平角度と水平距離を算出しました。
  5. 逆トラバース計算結果をコピーして、Excelに貼付けします。

一度座標原点を設定してしまうと、マンホール位置以外の様々な位置の座標を平面図上から「1クリック」で簡単に拾うことができます。

個人的にこの機能を一番多く使っております。

ということで今回のブログは以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

他の記事も読んでみよう
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村
施工管理技士・受験対策通信講座「独学サポート事務局」申込促進プロモーション
ABOUT ME
川下 政明
川下 政明
土木施工管理技士
川下政明(かわしもまさあき)と申します。
土木施工管理歴30年。
地場の建設会社に勤務しております。
1級土木、2級管工事、2級舗装、測量士、砕石業務管理者を保有しております。
このブログは、工事現場に関する「施工管理」・「測量」・「HO_CAD」・「JW-CAD」・「パソコン」などについて発信しています。
参考にしていただけると嬉しいです。
記事URLをコピーしました