CAD

HO_CAD【プロパティ】を使おう!初心者さん向け

このブログでは、HO_CAD pao初心者さん向けに「プロパティ」の使い方について解説いたします。

HO_CADでは、CAD図面上の文字や線を「プロパティ」によって設定することができます。

プロパティとは

ソフトウェアが取り扱う対象の持つ設定や状態、属性などの情報をプロパティと言います。

プロパティダイアログを表示させてみよう

フィーチャとは

CAD画面の作図エリアに掛かれている図面要素のことです。
簡単に言うと、CAD画面上に作図している文字や線のことです。

下の図のようにコマンドの部分を「右クリック」します。
メニューは「フィーチャ選択モード」になります。

このように「プロパティダイアログ」が表示されます。
設定を変えたい線や文字をクリックすると、詳細な情報が表示されます。

フィーチャの選択方法

設定を変えたい線や文字の選択方法は3つあります。

単一の選択方法

画面上にある線(フィーチャ)をクリックします。
線のプロパティが表示されます。

複数の個別選択方法

複数選択する場合は、キーボードの「Ctrl」+「左クリック」で線や文字をクリックします。

範囲指定による選択方法

範囲指定の始点部分を左クリックしたまま右側へドラッグすると、「追加範囲終点指示」と表示されるので、選択したい範囲の終点を左クリックします。

プロパティダイアログ

ダイアログコマンドの使い方は次のようになっています。

  • 更新:プロパティに変更を加えるとボタンが有効になり、クリックするとフィーチャに反映される。
  • 選択解除:選択セットの中で選択されているフィーチャを選択解除する。
  • 削除:選択フィーチャの削除。[Del]キーの押下でも削除できる。
  • 要素分解:ポリーラインや図形など分解可能なフィーチャが選択された時にボタンが有効になる。例えばこの表を分解すると、ばらばらの文字と線とペイントになる。
  • ブロック化:複数のフィーチャを選択するとボタンが有効になる。ブロック化すると選択フィーチャは1つのブロック図形になる。
  • パンズーム:フィーチャを選択するとボタンが有効になる。クリックすると選択フィーチャの外接矩形に作図エリアが移動する。
  • ハイパーリンク:このボタンは常に有効で、無選択または選択図形にハイパーリンクが無ければハイパーリンクモードに入り、ハイパーリンクがあればジャンプする。

実際に線の設定を変更してみよう

CAD画面を実際に印刷される色と線幅で表示します。

円と四角形の一つの線の色と線種を変えてみましょう。
最初に円と四角形を選択します。

線の色を黒から緑に変更します。

線種を実践から破線に変更します。

「更新」をクリックします。
そして、隣の「選択解除」をクリックします。

このように円と四角形の色と線種を変更することができました。

おわりに

このブログでは、HO_CAD paoの「プロパティ」について解説させていただきました。

左側のコマンド部分を「右クリック」するとプロパティダイアログが表示されます。

設定を変更したい線や文字を「左クリック」して、ダイヤログの内容を変更します。

最後に「更新」と「選択解除」をクリックして完了です。

良かったら参考にしてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

HO_CAD pao公式ホームページ
http://www.ho-cad.com/

【HO_CAD】平図面からXY座標を拾える「測量」機能がおススメHOCADはWindows上で作動する二次元汎用CADです。JWCADDOS版の操作性を引き継ぎ、JWCADにはない測量機能を搭載しています。SIMAデータやCSVデータから座標を読み込んだり保存したりすることができ、平面図上に座標を展開することが可能です。...

PVアクセスランキング にほんブログ村

ABOUT ME
まさあき
「まさあき」といいます。 土木施工管理歴30年。現在は地場の建設会社に勤務しております。1級土木、2級管工事、2級舗装、測量士、砕石業務管理者を保有しております。このブログは、工事現場に関する「施工管理」・「測量」そして現場で使用する「パソコン」について発信しています。 私の土木技術者として知識が皆様のスキルアップにつながるとうれしいです。