CAD

【HO_CAD】平図面からXY座標を拾える「測量」機能がおススメ

このブログでは、「HO_CAD pao」を使って、平面図からXY座標を簡単に拾う方法をわかりやすく解説します。

おススメ機能「測量」

座標値が定義されている測量データとCADの「測定」機能を組み合わせることで、今まで測量と図面作成を別々にしていたものを一連の作業にすることができます。

平面図の縮尺と真北方向に合わせて座標を表示設定できるので、基準点の位置や幅杭の位置を表示させられるほか、知りたいポイントをクリックすることで座標を読み取ることができます。

SIMAデータやCSVデータから座標を読み込んだり保存したりすることができます。
トラバース測量や逆トラバース測量の計算や座標求積表の作成も簡単です。

座標データ(SIMAデータ)の読込み

座標データを読み込み、CAD図面の位置と座標位置を合せます。

測点一覧表→ファイル→インポート→SIMAファイル読込の順でクリックします。

「参照」をクリックして、SIMAファイルの入っているフォルダを選択します。

ファイルを選択して「開く」をクリックします。

「新規・上書き・追加・差分のみを追加」のどれかを選択します。
今回は初めてなので「新規」のまま「OK」をクリックします。

このまま「OK」をクリックします。

そうすると、下の表にように、座標が読込まれます。
「閉じる」をクリックします。

座標データの位置とCAD図面位置を合せる。

座標を読込んだら、CAD図面上にあるT-4、T-5、T-6の位置と、読込んだ座標を合せます。
コマンド「測量」→「②座標系設定」の順でクリックします。

基準となる点を指示して座標を合せます。
今回はT-5を基準とします。

「T-5」を右クリックします。

この図面は、真上90度が北方向なのでこのまま進みます。
北方向が任意の角度の場合、「①図面上の北方向設定」をクリックして、角度を入力するか、マウス角度で指定します。

「測量基点座標入力」と表示されるので、「参照」をクリックします。
測点参照の一覧表が出てくるので、「T-5」をクリックして「OK」します。
X座標とY座標に座標の数値が表示されたら「OK」をクリックします。

これで、図面の座標系が設定されました。

図面上をクリックして座標を拾う

「測量」コマンドから「①測点編集」をクリックします。

「①図面から拾う」をクリックします。

これで、図面上のどこをクリックしても座標が表示されるようになりました。

集水桝の角を4点「右クリック」で拾ってみましょう。

CAD図面の「1号集水桝」の角の座標が表示されます。「測点名」は自由に入力可能です。
今回は1-1・1-2・1-3・1-4という座標名にしました。

座標を確認する場合は「測点一覧表」を開くと、クリックした箇所の座標が追加されています。

「図面上から座標を拾う方法」の解説は以上となります。

HO_CAD【プロパティ】を使おう!初心者さん向けHO_CADpaoは線や文字の属性や設定をプロパティによって変更することができます。線1本だけの色を変えたり文字の大きさや色を簡単に変えることができます。...

HO_CAD Pao

HO_CADはWindows上で作動する2次元汎用CADです。
低スペックなパソコンでもサクサク作動します。

HO_CAD paoの基本的な画面です。

背景の色は「白」に設定されていますが、「ツール」→「オプション」→「全般設定」→「画面の背景色」でお好みの色に変更することができます。

コマンドパネルを拡大しました。
JW CAD(DOS版)との互換性が高く、操作性を引き継いでいます。
HO_CAD を使う切っ掛けは、このコマンドの並び方にあります。
私はJW CAD(DOS版)を使っていたので、ストレスなくHO_CADに移行できました。

JWCAD(DOS版)の画像です。

さいごに

HO_CADを使用するには「HO_CAD Alliance」への会員登録が必要となります。

アソシエートメンバー会員登録は11,000円(1回限り)となっています。

一度入会すると、自分の複数のパソコンで使うことができます。

昔のJW-CADの操作性を引き継ぎ、今までなかった「測量」機能があります。
私が18年もの間、利用させていただいているおススメのCADです。

以上、皆様の参考になれば幸いです。

HO_CAD公式ホームページは↓こちらから。

http://www.ho-cad.com/



PVアクセスランキング にほんブログ村

ABOUT ME
まさあき
「まさあき」といいます。 土木施工管理歴30年。現在は地場の建設会社に勤務しております。1級土木、2級管工事、2級舗装、測量士、砕石業務管理者を保有しております。このブログは、工事現場に関する「施工管理」・「測量」そして現場で使用する「パソコン」について発信しています。 私の土木技術者として知識が皆様のスキルアップにつながるとうれしいです。