測量

【法丁張】の掛け方「盛土丁張」

こんにちは!土木施工管理1級のまさあき(@pooloyolo)です。

このブログでは、「法丁張(盛土丁張)」の掛け方をお話しします。

法丁張は「高低差」と「勾配」から「幅」を求めて掛けます。

例として、下の横断図のような盛土工事の丁張を設置してみましょう。

この横断図はセンターから左側のみです。右側は省略しています。

盛土の法肩を「FH=100.000m」小段(ステップ)の高さを「FH=95.000m」としています。

法勾配は1:1.8(一割八分)です。

1:1.8(一割八分)は高低差「1」に対して水平距離「1.8」の勾配です。

法勾配

土木の法勾配は高低差を「1」として言い表します。



幅杭の設置

ではさっそく、幅杭から測量していきましょう。

計画横断図より法尻辺りになりそうな所に幅杭を2本測量して設置しましょう。

センター杭から左側に「25.0m」「27.0m」の2本を設置しました。

その時に地盤高も一緒に測量しておきましょう。

地盤高はおおよそGH=91.50mほどでした。

 

光波【トータルステーション】で水準測量「光波で高さを測ろう」光波(トータルステーション)とターゲット(プリズム)を使って水準測量を行う場合は、ターゲットの高さをBMで測定した状態のままで使用することで、従来の器高式の計算で測量することができます。...

水平距離の計算

丁張用の杭を2本打って、「高さの基準」となる横の板を「上端(うわば)」でH=91.800mになるように取り付けます。

上端にする理由は、法丁張を掛けるのに作業しやすいからです。

最初に高低差と法勾配から「幅」を計算していきましょう。

計画法肩ー丁張高=高低差なので「FH=100.000mー91.800m=8.200m」となります。

高低差8.200mから、法勾配1:1.8のときの幅を計算します。

8.200×1.8=14.760m

となります。

この「14.760m」にセンターから法肩までの8.000mと小段(ステップ)の2.000mを足します。

幅L=14.760+8.000+2.000=24.760m

となります。

盛土丁張の設置

丁張高さH=91.800mの場合、センターからの幅は24.760mのポイントが、盛土1:1.8の始まりとなります。

幅杭「25.000m」からセンター杭方向に「0.240m」移動すると、「24.760m」の位置になります。

そこに上の図のように一割八分で法丁張を掛けて完成です。

タジマ-スラント100、タジマ

価格:2,935円
(2021/9/7 21:02時点)
感想(0件)

おわりに

盛土丁張の掛け方についてまとめてみます。

高低差と法勾配から水平距離を算出して丁張を掛けます。

  1. 最初に法尻になりそうな所に、幅杭を設置します。
  2. 地盤高を測量しておきます。
  3. 杭を打ち、高さの基準となる横板を設置します。
  4. 盛土の計画高さから横板までの高低差と法勾配「一割八分」から水平距離を計算する。
  5. 計算した水平距離に、センターから法肩までの距離と小段の幅を加えて、全体の水平距離を求める。
  6. 最初に設置した幅杭から計算した水平距離を引き算して法面の始まりを丁張に表示する。
  7. 法丁張を掛ける。

皆様の参考になると嬉しいです。

切土丁張についてはこちらのブログを参考にしてください。

 

【法丁張】の掛け方「切土丁張」法丁張は「高低差」と「法勾配」から水平距離を計算して設置していきます。...
PVアクセスランキング にほんブログ村
ABOUT ME
まさあき
「まさあき」といいます。 山形県の自然豊かな場所で親子3人と猫3匹でほのぼの生活しています。 只今51歳!剥げちゃって「髪なし」です! 2020年5月からブログ開始。 2021年からギター初心者がYouTubeに初投稿。 Twitter好き!朝活継続中。 一日一日をポジティブに、そして「良い一日」にできるように行動しています。 このブログは、そんなおじさんの思い付きを「ゆる~く」発信しています。