測量

【法丁張】の掛け方「切土丁張」

こんにちは!土木施工管理1級のまさあき(@pooloyolo)です。

このブログでは、「法丁張」の掛け方をお話しします。

法丁張は「高低差」と「勾配」から「幅」を求めて掛けます。

土木では一般的に「丁張(ちょうはり)」と言います。

建築では「遣り方(やりかた)」と言います。

同じ建設業でも、土木と建築では言い方が違うんです。

では下の図のような掘削用の「法丁張」を掛けてみましょう。

法勾配は「一割五分」としてみました。

掘削計画高さはFH=10.000m

センターから1.300mまで構造物ができるとして、作業スペースを0.500mとっています。

高低差と勾配

切土の法丁張は、掘削計画高と丁張の水平板(横板)との「高低差」と「法勾配」計算するだけで、簡単に掛けることができます。

土木の法勾配は下の図のように呼びます。

高低差1.0mに対して、水平距離が0.5mや1.0mで呼び方が変わります。

今回の法丁張は「一割五分(いちわりごぶ)」で掛けてみましょう。

幅杭の設置

最初に「幅杭」を横断方向に切出し付近になりそうなところに2点ほど設置します。

2点設置する理由は、丁張の向きを横断方向に正しく設置するためです。

センターから5.0mと7.0mのポイントに幅杭を設置します。

ついでに杭の高さも測量(水準測量)しておきます。

 

光波【トータルステーション】で水準測量「光波で高さを測ろう」光波(トータルステーション)とターゲット(プリズム)を使って水準測量を行う場合は、ターゲットの高さをBMで測定した状態のままで使用することで、従来の器高式の計算で測量することができます。...

横板(水平板)を設置する

切り土の切出しとなる近くに、杭2本で水平に「高さの基準」となる板を設置します。

横の板は水準測量で杭の上を測量して、切り土の計画高さからの高低差が、区切りの良い数値になるように設置すると、計算がとても楽です。

横板の上端(うわば)が計画高より3.0mの所に掛けます。

掘削計画高が10.000m、丁張の横板の高さが13.000mで、高低差が3.000mです。

一割五分の計算をする

高低差が3.000mの場合の水平距離を計算します。

法勾配が「一割五分」なので、1.5を掛算します。

水平距離=3.000m×1.5=4.500m

となります。

センターから法尻(のりじり)まで、1.300m+0.500m=1.800m

したがって、センターから法丁張の水平板まではこうなります。

1.800m+4.500m=6.300m

高低差3.000mの場合、工作物及び作業スペースで1.800m、法面水平距離で4.500m、2つの距離を合わせると6.300mとなりました。

ちなみに、法尻とは、法面の下の部分です。

法肩とは、法面の上の部分です。



法丁張を掛ける

計算した結果、センターからの水平距離は「6.300m」なので、幅杭7.000mから0.700mセンター側にスライドさせた所に印をします。

印を基準に一割五分の板を設置して完了です。

一割五分は「スラント」で角度を合わせて、下の図のように板を打ち付けます。

タジマ-スラント100、タジマ

価格:2,710円
(2021/8/28 20:55時点)
感想(0件)

丁張には「高さ」・「センターからの距離」・「法勾配」・「法長」・「測点」などを記入して着色すると良いです。

 

【法丁張】の掛け方「盛土丁張」法丁張は高低差と法勾配から水平距離を計算して掛けていきます。幅杭を法尻より少し外側に設置するのがポイントです。...

最後に

法丁張は、「高低差」と「勾配」から「幅」を計算して、掛けることがお分かりいただけたでしょうか。

法勾配は「高低差」が基準となっています。

難しく考えないで、高低差から計算して「水平距離」を求めていきましょう。

山の斜面などに丁張を掛ける場合は、幅杭を多めに設置すると楽になります。

現場測量の参考になればうれしいです。

 

レベルで距離を測る高低差を測るオートレベルで、距離も測れます。 この方法をスタジア測量といいます。今回はスタジア測量について解説いたします。...
PVアクセスランキング にほんブログ村
ABOUT ME
まさあき
「まさあき」といいます。 山形県の自然豊かな場所で親子3人と猫3匹でほのぼの生活しています。 只今51歳!剥げちゃって「髪なし」です! 2020年5月からブログ開始。 2021年からギター初心者がYouTubeに初投稿。 Twitter好き!朝活継続中。 一日一日をポジティブに、そして「良い一日」にできるように行動しています。 このブログは、そんなおじさんの思い付きを「ゆる~く」発信しています。