測量

2%勾配の「側溝」を100m設置する【丁張】を@10mで設置する計画高の計算

まさあき

このブログでは、2%勾配の側溝設置を工事する際の【計画高】を10mピッチで計算する方法を解説します。

登録数18万人突破! 建設現場で働くすべての人を支えるアプリ「助太刀」

2%勾配

2%勾配:水平距離1.000m(100㎝)に対して、垂直方向に0.020m(2㎝)の傾斜です。

高低差=水平距離×勾配(0.02)

となります。

あわせて読みたい
現場の【勾配】%・‰・1割5分・1/100の意味についてわかりやすく解説いたします
現場の【勾配】%・‰・1割5分・1/100の意味についてわかりやすく解説いたします

FH=50.000mからの計算

これを踏まえて、100m分の計画高の計算を10mピッチで行います。

下の図のように、起点側溝天端FH=50.000mとして、2%勾配で100mまで施工する設定です。
10mピッチで丁張を掛ける計算をします。

10m当たりの高低差

10.000m×0.02(2%)=0.200m(20㎝)

したがって、10m当たりの高低差は0.200m(20㎝)となります。

FH=50.000mに10m当たりの高低差0.200m(20㎝)を足し算していきます。

  • 10m=50.200m
  • 20m=50.400m
  • 30m=50.600m
  • 40m=50.800m
  • 50m=51.000m
  • 60m=51.200m
  • 70m=51.400m
  • 80m=51.600m
  • 90m=51.800m
  • 100m=52.000m

という側溝天端計画高になります。

おわりに

今回のブログでは、2%勾配の側溝設置を工事する際の【計画高】を10mピッチで計算する方法について解説させて頂きました。

2%勾配は、水平距離1.000m(100㎝)に対して、高低差0.020m(2㎝)の傾斜です。
10mピッチで丁張を掛ける場合は、水平距離10.000mに0.02(2%)を掛け算すると高低差0.200mという答えが出ます。

良かったら参考にしてください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村
ABOUT ME
川下 政明
川下 政明
土木施工管理技士
川下政明(かわしもまさあき)と申します。
土木施工管理歴30年。
地場の小さな建設会社に勤務しております。
1級土木、2級管工事、2級舗装、測量士、砕石業務管理者を保有しております。
このブログは、工事現場に関する「施工管理」・「測量」・「HO_CAD」・「JW-CAD」・「パソコン」などについて発信しています。
参考にしていただけると嬉しいです。
記事URLをコピーしました