測量
PR

【XY座標】と【角度】は測量と算数で「逆」になります

まさあき
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

このブログでは、測量で使用する「平面直角座標」と「水平角度」の概念について解説させていただきます。

測量で使用する「XY座標」と「角度」の概念は、私たちが小中学校で学んだグラフの座標や角度の考え方とは大きく異なります。

特に、座標軸の向きと角度の増加方向において、大きな違いがあります。

X軸が縦、Y軸が横

まず、小中学校で学ぶグラフにおいては、「X」座標が横軸を、「Y」座標が縦軸を表します。

これは、グラフの基本的な形式であり、多くの人がこの形式に慣れ親しんでいます。

しかし、測量の分野では、この座標系が逆転します。

つまり、「X」座標が縦軸を、「Y」座標が横軸を示すようになります。

この逆転した座標系は、平面図での図面作成において標準的に使用されています。

あわせて読みたい
【座標「X,Y」】について解説します|座標は位置を表す点(現場測量)
【座標「X,Y」】について解説します|座標は位置を表す点(現場測量)

角度の測り方も逆

角度の測定方法においても、小中学校で習った方法とは異なります。

学校でよく使われる分度器では、右側が0°から始まり、反時計回りに角度が増加していきます。

これは、グラフの正のX軸を基準に、左回りが正の方向、右回りが負の方向とされるためです。

しかし、測量では角度の増加方向が時計回り、つまり右回りとなります。

この場合、基準となるのは南北線(N-S線)で、右回りが正の方向、左回りが負の方向と定義されています。

これらの違いを理解することは、測量やCADを使用した図面作成において非常に重要です。

測量では、地球上の特定の点を正確に特定し、それらの点を基にして土地の形状や建物の配置などを計画するため、座標と角度の正確な理解が必須となります。

まとめ

測量での「XY座標」と「角度」は学校で習うグラフと異なります。

「X」は縦軸、「Y」は横軸を表し、角度は時計回りに増加します。

学校では「X」が横軸、「Y」が縦軸で、角度は反時計回りに増加。

この違いは、測量やCAD図面作成で重要です。

測量では南北線を基準に、右回りが正の方向とされます。

この基本を理解することが、測量や図面作成には不可欠です。

他の記事も読んでみよう
あわせて読みたい
トランシットの【対回観測】そして【方向観測法】を解説|測量学
トランシットの【対回観測】そして【方向観測法】を解説|測量学
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村
施工管理技士・受験対策通信講座「独学サポート事務局」申込促進プロモーション
ABOUT ME
川下 政明
川下 政明
土木施工管理技士
川下政明(かわしもまさあき)と申します。
土木施工管理歴30年。
地場の建設会社に勤務しております。
1級土木、2級管工事、2級舗装、測量士、砕石業務管理者を保有しております。
このブログは、工事現場に関する「施工管理」・「測量」・「HO_CAD」・「JW-CAD」・「パソコン」などについて発信しています。
参考にしていただけると嬉しいです。
記事URLをコピーしました