測量

【座標】現場測量で使う「X,Y」についてわかりやすく解説

このブログでは、測量で使用する「座標」についてわかりやすくお話しします。

座標は小中学校で学習した「X、Y」で表す数値でしたね。
基本的な考え方は同じです。

座標

座標とは、「点(ポイント)」の位置を指定するための数値で、地球上のどの位置なのかを数値で表しています。
この座標の数値は測量、地図作成、土地の管理、大規模土木工事などの基準となります。
小規模工事の場合、現場独自の座標を組む場合もあります。

Xが縦、Yが横

小中学校で習った座標のグラフというと、「Y」が縦軸で「X」が横軸でした。
測量では下の図のように「X」が縦軸「Y」が横軸となり逆になります。

角度の測り方も逆

小中学校で使った「分度器」は右側が0°で時計と反対周りに角度が増えていきます。
測量では下の図のように、時計回り(右回り)に角度が増えていきます。

例として座標と座標の距離を計算してみよう

例として座標計算の基本的な考え方を図を使ってお話しします。

下の図は、2つの点(ポイント)を座標で表したものです。

左下の点の座標が(X,Y)=(62.879,36.903)
つまり、縦軸方向に62.879m進み、横軸方向に36.903m進んだポイントです。

右上の点の座標が(X,Y)=(129.153,197.588)
縦軸方向に129.153m進み、横軸方向に197.588m進んだポイントです。
この2つの座標の間の距離を計算してみましょう。

最初に「X」座標の差を計算します。
2つの点のXとXを引き算します。
$$129.153-62.879=66.274m$$

次に「Y」座標の差を計算します。
Xと同じようにYとYを引き算します。
$$197.588-36.903=160.685m$$

この直角三角形の斜辺を三平方の定理で計算すると「座標間の距離」を求めることができます。

$$a^2=x^2+y^2$$

$$a=\sqrt{66.274^2+160.685^2}$$

$$a=173.816$$

したがって、座標間の距離は「173.816m」となります。

実際の座標

座標データのやり取りは「SIMAデータ」で行うことがほとんどです。
CSVファイルの場合もあります。
現場を設計測量した設計会社さんからSIMAデータをいただくとこのような数値になっています。

座標測点一覧表の画面です。

これは「HO_CAD pao」でSIMAデータを読み込んだものになります。

「測量」機能がおススメ【HO_CAD】平図面からXY座標を拾えますHOCADはWindows上で作動する二次元汎用CADです。JWCADDOS版の操作性を引き継ぎ、JWCADにはない測量機能を搭載しています。SIMAデータやCSVデータから座標を読み込んだり保存したりすることができ、平面図上に座標を展開することが可能です。...

SIMA(シーマ)データーとは
測量の座標値を管理する目的で日本測量機器工業会が策定しているフォーマットです。
SIMAデーターはテキストファイルです。
拡張子は.sim。

【後方交会法】2点からの器械点座標計算手順|誤差の計算方法任意の場所にトランシット(TS)を据付け、2つの座標点から器械の位置を求める後方交会法の計算手順を図を使ってわかりやすく解説しました。この測量はTSを自由な場所に据え付けることができるので広い現場や障害物の多い現場におススメです。...

終わりに

このブログでは「座標」についてわかりやすく解説しました。

  • 座標とは、「点(ポイント)」の位置を指定するための数値で、地球上のどの位置なのかを数値で表しています。
  • X軸が縦でY軸が横となり、小中学校で学習したものと逆になっています。
  • 角度の測り方も逆です。
  • 座標間の距離を計算するには、X座標同士の差とY座標同士の差を「三平方の定理」で求めます。
  • 座標は「SIMAデーター」として取り扱われています。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。
皆様のスキルアップにつながれば幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

ABOUT ME
まさあき
「まさあき」といいます。 土木施工管理歴30年。元ゼネコン社員。現在は地場の建設会社に勤務しております。1級土木、2級管工事、2級舗装、測量士、砕石業務管理者を保有しております。このブログは、工事現場に関する「施工管理」・「測量」そして現場で使用する「パソコン」について発信しています。 私の土木技術者として知識が皆様のスキルアップにつながるとうれしいです。