測量

トランシットだけで距離がわかる【スタジア測量】その内容をわかりやすく解説

このブログでは、トランシットによる「スタジア測量」の計算方法についてお話しします。

高低差のある土地を、巻尺やレベルを使わずに、トランシットとスタッフで、水平距離と高さを測ることができます。

スタジア測量

スタジア測量とは、望遠鏡内にある上スタジア線と下スタジア線を使い、スタッフの値を㎜単位で読み取ります。

そのスタジア線から読み取った値と鉛直角度を使って計算し、水平距離や高低差を求める測量です。

精度はやや低めですが、地盤線を測量する「横断測量」などに使えます。

最近はトータルステーション(TS)での測量が主流なので、スタジア測量を知っている人も少なくなってしまいました。

レベルとスタッフを使った距離の測定方法はこちらを参考にしてください。

実際に計算してみよう

実測した数値を入力して、水平距離「L」、高低差「D」を計算します。

  • 上スタジア=2.609
  • 下スタジア=2.317
  • 鉛直角度A=19°50’30”
  • スタジア乗定数K=100
  • スタジア加定数C=0
  • 器械高 i=1.130
  • 視準高 Z=2.463

トランシットやレベルの望遠鏡は、「スタジア乗定数K=0、スタジア加定数C=0」と設計されています。

水平距離「L」の計算

$$H=上スタジアー下スタジア=2.609-2.317=0.292$$

$$h=HcosA=0.292×cos19°50’30″=0.27467$$

$$l=Kh+C=100×0.27467+0=27.467$$

$$L=lcosA=27.467×cos19°50’30″=25.836$$

高低差「D」の計算

$$d=lsinA=27.467×sin19°50’30″=9.323$$

$$D=d+i-Z=9.323+1.130-2.463=7.990$$

したがって、

水平距離「L=25.836m」、高低差「D=7.990m」

となります。

おわりに

レベルや巻尺を使わずに、距離と高低差を求める「スタジア測量」を解説しました。

トランシットを覗くと見える「上スタジア線」と「下スタジア線」で、スタッフの数値を読みます。

トランシットで鉛直角度を読み、三角関数を利用して水平距離と高低差を計算します。

高い精度は期待できませんが、地盤線を測る横断測量などができます。

最近の測量では使う機会がありませんが、測量の基本となります。

知識として頭の片隅に置いておきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

PVアクセスランキング にほんブログ村
ABOUT ME
まさあき
「まさあき」といいます。 土木施工管理歴30年。元ゼネコン社員。現在は地場の建設会社に勤務しております。1級土木、2級管工事、2級舗装、測量士、砕石業務管理者を保有しております。このブログは、工事現場に関する「施工管理」・「測量」そして現場で使用する「パソコン」について発信しています。 私の土木技術者として知識が皆様のスキルアップにつながるとうれしいです。