測量

【法長】を素早く計算する「係数」があります

このブログでは、法面の長さ「法長」「斜長」を素早く計算することができる【係数】についてお話しします。

普通に法長を計算すると、三平方の定理を使って√(高低差の2乗+水平距離の2乗)というように求めるのですが、「係数」を高低差に掛け算することによって簡単に法長を求めることができます。

係数

高低差【1】に対して、直角三角形の斜長部分を三平方の定理で計算した値が「係数」となります。

例えば、下の図のような1:1.0法面の係数は「1.414」となります。
そして、1:0.5法面の係数は「1.118」となります。

法長の係数を一覧表にまとめてみました。

勾配についてはこちらのブログで解説していますので、良かったら参考にしてください。

【勾配%・1/100・‰・1割5分】についてわかりやすく解説いたします勾配とは、傾斜の程度を表す数字です。「%」は水平距離1mに対して垂直距離1㎝で1.0%というように表します。1/100は1.0%と同じです。「‰」は1.0‰=0.1%となります。法面勾配は垂直距離「1」に対して水平距離「1.5」で1:1.5(1割5分)というように表します。...

高低差(直高)×係数=法長

法面の高低差に係数を掛け算して法長を計算してみましょう。

法面勾配1:1.5
高低差H=5.0mの場合

法長SL=5.0×1.803=9.015m

となります。

法面勾配1:0.5
高低差H=3.5mの場合

法長SL=3.5×1.118=3.913m

となります。

法面勾配1:2.0
高低差H=7.0mの場合

法長SL=7.0×2.236=15.652m

となります。

おわりに

今回のブログでは、法長を簡単に計算する方法を解説しました。

この係数を野帳などに控えておくだけですぐに計算することができます。

丁張設置作業や、法面整形工の重機オペレータに聞かれた時など、すぐに答えられますのでおススメの計算方法です。

良かったら参考にしてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

PVアクセスランキング にほんブログ村

ABOUT ME
まさあき
「まさあき」といいます。 土木施工管理歴30年。現在は地場の建設会社に勤務しております。1級土木、2級管工事、2級舗装、測量士、砕石業務管理者を保有しております。このブログは、工事現場に関する「施工管理」・「測量」そして現場で使用する「パソコン」について発信しています。 私の土木技術者として知識が皆様のスキルアップにつながるとうれしいです。