測量

【トランシット(TS)】の「据付方法」をわかりやすく解説

このブログでは、トランシット(トータルステーション)を土砂の上でも素早く据付設置する方法をお話しします。

舗装上やコンクリート上でのトランシットの据付はできるけど、土の上だと据付ける時間が掛かってしまうという人向けに解説いたします。

  1. 三脚を地盤に差し込む前に据付けたい測点(ポイント)の微調整できる程度の位置まで持ってくる。トランシットは円形気泡管でおおよそ合う程度でよいです。
  2. 三脚を地盤に差し込む。
  3. 三脚の伸縮のみで円形気泡管を合わせる。
  4. 円形気泡管が合うと、トランシットは①の位置に戻っています。
  5. 微調整して据付け完了。

三脚を地盤に差し込まずにおおよそ据え付ける

トランシットを据付けたい測点の上に持ってきます。

この時点では三脚を地盤に差し込みません。

円形気泡管が中央付近で泳ぐ程度で求心望遠鏡を覗きながら移動させ、据え付けたいポイント付近、微調整で合わせられる位置まで持ってきます。
気泡を合わせなくても良いです。

三脚の1本の脚を上下だけではなく、脚を「ひねる」イメージで動かすと意外と早く水平に持ってこれます。

ちなみにTSは目の高さより望遠鏡が少し低めにくるように据付けするのがおススメです。
TSで遠くを視準する場合は良いのですが、5mほど近くを視準する場合、望遠鏡の接眼部分が上を向いてしまい、背伸びをしないと覗けなくなります。

三脚を地盤に差し込む

トランシットが、大体水平の状態で据付けたいポイントの上まで持ってこれたら、体重を乗せて、三脚をしっかり地盤に差し込みます。

当然ですが、差し込んだ時点んで気泡が大きくずれます。

三脚の伸縮で気泡を合わせると元に戻る

しっかりと地盤に三脚が食い込んだら、三脚の固定ネジを緩め、三脚の伸縮ので円形気泡管を合わせます。

三脚の伸縮で円形気泡管を合わせると、最初に合わせた位置(三脚を差し込まない状態で合わせた位置)にトランシットの位置が戻ります。

地盤に差し込んだ分だけ三脚の長さを元に戻すイメージです。

微調整して据付ける

三脚の床板上でTS本体を移動させて据付けするポイント上に持ってきます。

整準ネジを使って棒状気泡管の気泡を中央に入れます。

整準ネジは両手で回すと「左親指の方向」へ気泡が移動します。
下の図のように整準ネジを回すと気泡は右へ移動します。

移心装置で求心望遠鏡の中心にポイントをピタリに合わせます。

据付け完了。

終わりに

トランシットやトータルステーションを土の上でも素早く据付ける方法を解説しました。

三脚を地盤に差し込まない状態でポイントにおおよそ据え付けから、三脚を地盤にしっかり差し込みます。

三脚の伸縮のみで円形気泡管を水平にすると、地盤に差し込んだ分だけ元に戻ります。

あとは微調整して完了です。

皆様の参考にしていただければ幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

PVアクセスランキング にほんブログ村

ABOUT ME
まさあき
「まさあき」といいます。 土木施工管理歴30年。元ゼネコン社員。現在は地場の建設会社に勤務しております。1級土木、2級管工事、2級舗装、測量士、砕石業務管理者を保有しております。このブログは、工事現場に関する「施工管理」・「測量」そして現場で使用する「パソコン」について発信しています。 私の土木技術者として知識が皆様のスキルアップにつながるとうれしいです。