測量

「スタッフ【裏側】の目盛」を読んでみよう

このブログでは、スタッフの裏側にある「目盛」の使い方について分かりやすく解説します。

「スタッフ」というのは水準測量で使用する道具の一つです。
「レベル」とセットで使用します。

結論からお話しすると、スタッフの裏側の目盛はスタッフを延ばしたり縮めたりした時の「スタッフ全体の長さ」を表しています。

スタッフの製造メーカーによっては、この目盛がないものもありますのでご了承下さい。

スタッフについて

下の画像がスタッフです。
アルミニウム製でできているので「アルミスタッフ」と呼ぶこともあります。
イメージ的には「釣り竿」のように収納されているものです。
カチッと鳴るまで伸ばして使用します。

スタッフは次のような収納タイプがあります。(製造メーカーによって違うものもあります)

  • 全長5m 5段収納
  • 全長5m 4段収納
  • 全長5m 3段収納
  • 全長3m 3段収納
  • 全長7m 4段収納

スタッフの裏側

スタッフの裏側です。
このように「㎜単位」で目盛が刻まれています。

今回説明するのは、この裏側の「目盛の使い方」についてになります。

裏側の目盛を使うには、スタッフの収納されている部分を1番先端(5m部分)から伸ばしていきます。

5段目の先端から伸ばすと、伸ばしている境目の目盛で延長が分かるように作られています。

実際に使ってみよう

少しわかりずらいので、実際に使ってみましょう。

例として、現場事務所(プレハブ)の床から天井までの内空を測定してみます。

スタッフを上から(5mの部分から)順番に伸ばしていき、4段目の途中で天井に着きました。
その時の「境目の目盛」を読取ります。

画像の「赤い線のところ」の目盛を読んでみると、「2m40㎝2㎜」です。

このように内空の高さを測定することができます。

測定する時に注意するポイントとして、

  • スタッフを「垂直」に立てること(横に使う場合は、「水平」にすること)。
  • 伸ばさない部分はしっかりと収納させること。

スタッフが斜めになると測定結果が不正確になりますので、水平器等を併用すると正確に測定することができます。

使い道あるの?

私が実際に出来形測量で使った場所は次の通りです。

  • ボックスカルバートの内空幅と内空高さ
  • 現場打ち大型水路の内空幅
  • 建物の床から天井までの高さ等

スチールテープやコンベックス(スケール)などでは正確に測れない場所で使うことができます。

終わりに

現場の人も意外と知らない「スタッフの裏側の目盛」の使い方について解説いたしました。

主に構造物の内空断面測定におススメの測り方です。

使用の際は先端の5m部分から伸ばしていくことと、水平器を併用して水平垂直を確保して測定しましょう。

スタッフ製造メーカによっては、この裏側の目盛がないものもありますのでご了承ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【水準測量】レベルの使い方をわかりやすく解説(レベル測量について)工事現場でよく使用するレベルとスタッフについての解説と、水準測量(レベル測量)のやり方や野帳の書き方そして計算方法などを図を使って分かりやすく解説します。...

PVアクセスランキング にほんブログ村

ABOUT ME
まさあき
「まさあき」といいます。 土木施工管理歴30年。現在は地場の建設会社に勤務しております。1級土木、2級管工事、2級舗装、測量士、砕石業務管理者を保有しております。このブログは、工事現場に関する「施工管理」・「測量」そして現場で使用する「パソコン」について発信しています。 私の土木技術者として知識が皆様のスキルアップにつながるとうれしいです。