測量

スタッフの【裏側】を使ってみよう

こんにちは~!現場監督のまさあきです。

現場の人でも意外と知らないスタッフ裏側(目盛)の使い方についてお話しします。

スタッフというのは水準測量で使用する道具の一つです。

スタッフの裏側の目盛は、「スタッフの長さ」について表示しています。

アルミスタッフの製造メーカによってはこの目盛がないものがあります。

スタッフの裏側

現場で使う測量の道具にスタッフ(アルミスタッフ・箱尺)というのがあります。水準測量の際にレベルと一緒に使う高低差を測る道具です。

工事現場の【測量】

下の写真はスタッフです。釣り竿のように伸ばして使います。3~5段すべて伸ばすと全長で3m~7mになります。

アルミスタッフは5種類の収納タイプに分かれます。(製造メーカーによって違います)

  • 全長5m 5段収納
  • 全長5m 4段収納
  • 全長5m 3段収納
  • 全長3m 3段収納
  • 全長7m 4段収納

というような種類がありますが、車に積んで移動することを考えると私は5m5段を使う場合が多いです。

このアルミスタッフを裏返したものが下の写真です。裏側の目盛は飾りではなく使い方があるのです。

今回解説するのは赤い数字と目盛ではなく、アルミスタッフの収納している部分を一番先端(5m部分)から伸ばしていくと下の写真の様にメモリが1mm単位で書かれている部分が見えてくるのでこのメモリを使います。

このメモリの数値はアルミスタッフを上から順番に伸ばした状態の時のアルミスタッフの長さを表している数字です。

実際使ってみよう

それでは使い方を解説します。例えばボックスカルバートなどの内空の幅や高さを正確に測りたい時などに使用します。

現場事務所の内空を測定してみましょう。部屋の床から天井までの高さを測りたいというときにしたの画像の通り先ずアルミスタッフを立てます。

そして、アルミスタッフを上から(5mの部分から)順番に伸ばしていって天井に着いたときに下の画像の部分の目盛を読みます。

1㎜単位の目盛が見えてる一番下の数値部分を読んでみると2m40㎝2mm(2.402m)です。

このように床から天井までの高さをmm単位で測ることができました。

この時に注意しないといけないポイントは垂直(直角)にアルミスタッフをしっかりと立てることです。

アルミスタッフが斜めになるほど不正確な数字ななっていきます。

水平器などと併用するのがおススメです。

最近使用した場所は大型水路の上幅と下幅、ボックスカルバートの内幅と内高、大型標識の標識版から舗装面までの高さ、建物の床から天井までこういった場所は測定しづらい場所ですので本当に便利です。

光波【トータルステーション】で水準測量「光波で高さを測ろう」

レベルで距離を測る

【水準測量】ってなに?

まとめ

現場の人もあまり知らないスタッフのもう一つの使い方について解説しました。

メーカーによっては目盛の無いものもありますが、内空の幅や高さを簡単に測定することができます。

ぜひ使ってみてください

最後まで読んでいただきありがとうございました。

PVアクセスランキング にほんブログ村
ABOUT ME
まさあき
「まさあき」といいます。 山形県の自然豊かな場所で親子3人と猫2匹でほのぼの生活しています。 只今51歳!剥げちゃって「髪なし」です! 2020年5月からブログ開始。 2021年からギター初心者がYouTubeに初投稿。 Twitter好き!朝活継続中。 一日一日をポジティブに、そして「良い一日」にできるように行動しています。 このブログは、そんなおじさんの思い付きを「ゆる~く」発信しています。