マイクロソフトオフィス

【エクセル】プルダウン簡単設定方法

こんにちは!まさあきです。

今回は「エクセル」のプルダウンを設定する2種類の方法を説明します。

  • リストデータを直接入力する方法
  • セルにあるリストデータをプルダウンリストとして表示させる方法

リストデータを直接入力する方法

最初に、プルダウンリストを表示させたいセルをクリックしておきます。

タブ「データ」をクリックして、「データの入力規則」を下の図のようにクリックしていきます。

ダイヤログボックスが表示されるので、下の図のように「リスト」を選択します。

「ドロップダウンリストから選択する」にチェックマークを付けます。

そして、「元の値」の欄にリストデーターを直接入力します。

文字は「,」半角で区切ります。

「OK」をクリックします。

これで設定完了です。

セルの右側に「▼」が表示されているのでクリックします。

「元の値」の欄にリストデーターを直接入力した単語が表示されます。

選択してクリックすると図のように表示されます。

セルにあるリストデータをプルダウンリストとして表示させる方法

この方法は、下の図のようにあらかじめ表示させたいデータを入力しています。

同じように、タブ「データ」をクリックして「データの入力規則」をクリックします。

同じようにダイヤログボックスが表示されるので、下の図のように「リスト」を選択します。

図のように「元の値」の右側に「▲」をクリックします。

シートにあるデータをドラック&ドロップして選択します。

そして、赤丸をクリックして戻ります。

これで「OK」をクリックします。

これでプルダウンリストの設定完了です。

クリアの方法

プルダウンリストをクリアするには、下の図のように行います。

消去したいセル(プルダウンリスト) → データの入力規則 → すべてクリア → OK

これで消去完了です。

最後に

いかがだったでしょうか。

基礎となるプルダウン設定方法を2種類説明しました。

  • リストデータを直接入力する方法
  • セルにあるリストデータをプルダウンリストとして表示させる方法

プルダウンは関数を組み合わせることでより高度な設定を行うこともできます。

そして、このプルダウンはWPSスプレッドシートでも同じように設定できます。

皆様のお役に立てたら幸いです。

【エクセル】超便利「F4キー」の使い方

【エクセル】図形|おススメテクニック

【エクセル】とWPS officeスプレッドシートそしてGoogleスプレッドシート

【エクセル】ページ番号の設定方法(画像あり)

【マイクロソフトオフィス】画面右上に雲のような跡

PVアクセスランキング にほんブログ村
ABOUT ME
まさあき
「まさあき」といいます。 土木施工管理歴30年。現在は地場の建設会社に勤務しております。1級土木、2級管工事、2級舗装、測量士、砕石業務管理者を保有しております。このブログは、工事現場に関する「施工管理」・「測量」そして現場で使用する「パソコン」について発信しています。 私の土木技術者として知識が皆様のスキルアップにつながるとうれしいです。