マイクロソフトオフィス

【エクセル】図形おススメテクニック

こんいちは!まさあきです。

今回は、エクセルの「図形」に関するチョットしたおススメテクニックをお話しします。

それはキーボードの「shift」キーを同時に使う方法です。

この操作によって、「直線」は「垂直・水平」になり、「四角形」は「正方形」に、そして「楕円」は「円」になります。

「挿入」→「図形」

図形の書き方は「挿入」から「図形」をクリックします。

このように図形の一覧が表示されます。

直線

「直線」を選択してクリックします。

線を引きたい最初のポイントをクリックします。

そして、線を引き終わりたいポイントまでドラッグします。

通常だと図の上「shift未使用」の状態で、どうしても線が斜めになり、水平線を引くのが難しい状況です。

しかし、図の下「shift使用」のように、shiftキーを押しながらドラックすると水平・垂直な線を作成することができます。

四角形

「四角形」を選択してクリックします。

表示させたい四角形(左上)のポイントをクリックします。

そして、(右下)のポイントまでドラッグします。

通常だと図の上「shift未使用」の状態で、長方形になります。

しかし、図の下「shift使用」のように、shiftキーを押しながらドラックすると正四角形を作成することができます。

楕円

「楕円」を選択してクリックします。

四角形と同じです。表示させたい楕円(左上)のポイントをクリックします。

そして、(右下)のポイントまでドラッグします。

通常だと図の上「shift未使用」の状態で、楕円になります。

しかし、図の下「shift使用」のように、shiftキーを押しながらドラックすると円を作成することができます。

最後に

いかがだったでしょうか。

今回はエクセルの「図形」に関するおススメテクニックをお話ししました。

キーボードのshiftキーを同時に使うことで、より快適なエクセルワークが可能です。

まだ知らなかった!っという方のお役に立てたら嬉しいです。

もしよろしければにほんブログ村クリックお願いします。(*’▽’)」

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ABOUT ME
まさあき
「まさあき」といいます。 土木施工管理歴30年。元ゼネコン社員。現在は地場の建設会社に勤務しております。1級土木、2級管工事、2級舗装、測量士、砕石業務管理者を保有しております。このブログは、工事現場に関する「施工管理」・「測量」そして現場で使用する「パソコン」について発信しています。 私の土木技術者として知識が皆様のスキルアップにつながるとうれしいです。