ブログ運営関係

【サイトヘルスステータス】解決方法をわかりやすく説明「WordPress」

ワードプレスのダッシュボード「サイトヘルスステータス」に改善項目が表示されていました。

このブログでは、【PHPバージョン更新方法】【デフォルトテーマを利用可能にする方法】これら2つの解決方法についてわかりやすく説明します。

サイトが古いバージョンのPHP(7.3.16)を実行しています。

「PHPはWordPressの開発や保守に使用されているプログラミング言語です。PHPの新しいバージョンはより高速で安全なため、最新の状態を維持することにより、サイト全体の全体的なパフォーマンスとセキュリティが向上します。PHPの最低推薦バージョンは7.4です。」

この表示に対しての対策は、PHPを新しいバージョンにする必要があります。

新しいバージョンにするメリットとして

  • Webサイトがより速くなります。
  • Webサイトがより安全になります。

WordPressサポートPHPバージョンの更新

PHPのバージョンアップはサーバーの管理画面で行います。

エックスサーバーを例に手順を説明します。

エックスサーバーの管理画面「サーバーパネル」

矢印の「PHP Ver.切替」をクリックします。

設定対象ドメインを選択して、①推薦されているバージョンを選択します。そして②で変更です。

これでPHPバージョンの更新は完了です。

デフォルトテーマを利用可能にしましょう。

「テーマはサイトのデザインを決定します。ブランドの一貫性とサイトの安全性の維持のため、常に更新することが重要です。サイトのインストール済みテーマ2個はすべて最新版です。このサイトにはデフォルトテーマが、存在しません。選択したテーマに何か問題が発生した際、ワードプレスは自動的にデフォルトテーマを使用します。」

この表示の対応として、デフォルトテーマを利用可能にします。

私の場合は「停止中のテーマを削除してください」とサイトヘルスステータスに表示されたので、現在有効なテーマ以外すべて削除したのですが、よく読んでみると「wordpressのデフォルトテーマtwenty Twenty、現在有効なテーマ○○、○○は削除しないでください」と書いてありました。

テーマ「twenty Twenty」は削除してはいけなかったのです。

早速、「twenty Twenty」を戻します。(今はtwenty Twenty-oneになっています)

「外観」→「テーマ」→「新規追加」から「twenty Twenty」をインストールします。

インストールした後に「有効化」は絶対にしないでくださいね。

これで、デフォルトテーマが利用可能になりました。



おわりに

いかがだったでしょうか。

今回は、WordPressのダッシュボードに表示される「サイトヘルスステータス」改善対策2つ説明いたしました。

WordPressの安全面とスピード面が改善されるので修正しましょう。



PVアクセスランキング にほんブログ村
ABOUT ME
まさあき
「まさあき」といいます。 土木施工管理歴30年。現在は地場の建設会社に勤務しております。1級土木、2級管工事、2級舗装、測量士、砕石業務管理者を保有しております。このブログは、工事現場に関する「施工管理」・「測量」そして現場で使用する「パソコン」について発信しています。 私の土木技術者として知識が皆様のスキルアップにつながるとうれしいです。