Windows

【共有】の設定方法「Windows10」初心者向け

こんにちは!まさあき(@pooloyolo)です。

部屋の中にある2台以上のパソコンを「共有」してみませんか?

Windowsでは「共有」といって、ファイルやデータをパソコン間でやり取りするのに、USBメモリーやハードディスクを使わなくても、ネットワーク経由で行うことができるんです。

早速、パソコンを設定してみましょう。

共有は同じネットワークで行われますので、2台以上のパソコンを同じWi-Fiルーター(ネットワーク)に接続します。

ネットワークプロファイルの設定

ネットワーク上のパソコンへアクセスするために、プライベートネットワークの時だけ共有できるようになっています。

画面の左下にあるWi-Fiのマークかネットワークアイコンを「右クリック」します。

下の図のように「ネットワークとインターネットの設定を開く」をクリックします。

現在パソコンが接続されているWi-Fi(ネットワーク)の「プロパティ」をクリックします。

「プライベート」を選択します。

これでネットワークプロファイルの変更は完了です。

共有を設定する

キーボードの「Windowsキー」を押し、左下あたりにある歯車のマーク「設定」から「ネットワークとインターネット」をクリックします。

「共有の詳細オプションを変更する」をクリックします。

下の図のように共有の詳細設定より「プライベート」の右側をクリックします。

下の図のように選択します。

「変更の保存」をクリックします

フォルダーの共有を許可する

ディスクトップの画面に「新しいフォルダー」を作ったので共有してみます。

アイコンの上で「右クリック」して「プロパティ」をクリックします。

共有タグの「共有」をクリックします。

「Everyone」を選択して「追加」します。

「Everyone」のアクセス許可のレベルを「読み取り/書き込み」を選択して「共有」をクリックします。

このように「共有」されたフォルダーの場所が表示されたら「終了」です。

共有を確認してみる

他のパソコンから共有できるかを確認してみましょう。

「ネットワーク」のアイコンをクリックします。

このように、先ほど作成した「新しいフォルダー」が表示されています。

これで、ファイルやデーターの出し入れが可能になりました。

終わりに

いかがだったでしょうか。

自宅や小規模のオフィスなどにある数台のパソコンでデーターをやり取りするのにとても便利な「共有」です。

特に大容量ファイルを移動する時などに設定しておくと非常に楽です。

設定方法が少し複雑ですが、ぜひ活用してみてください。

置くだけ簡単!工事不要!【SoftBank Air】
PVアクセスランキング にほんブログ村

 

パソコン「強制終了」する前に【Ctrl+Alt+Delete】パソコンがフリーズ(固まった)してしまったらキーボードの【Ctrl+Alt+Delete】か【Ctrl+Shift+Esc】か【Alt+F4】を試しましょう。電源ボタンの長押し強制終了は最終手段です。...

 

【OneDrive】の「読み取り専用」と「ブロックされたアップロード」OneDriveに保存したエクセルデーターが読み取り専用になっていたので解除した方法と、「ブロックされたアップロード」というメッセージの解決についてかきました。...
ABOUT ME
まさあき
「まさあき」といいます。 山形県の自然豊かな場所で親子3人と猫3匹でほのぼの生活しています。 只今51歳!剥げちゃって「髪なし」です! 2020年5月からブログ開始。 2021年からギター初心者がYouTubeに初投稿。 Twitter好き!朝活継続中。 一日一日をポジティブに、そして「良い一日」にできるように行動しています。 このブログは、そんなおじさんの思い付きを「ゆる~く」発信しています。