Windows

Windows10【ドラック&ドロップ】コピーと移動おススメテクニック

こんにちは!まさあきです。

Windows10を使って作業していると、データーファイルを他のドライブに移動する場面があるかと思います。

今回は、データーファイルを移動する際の便利なテクニックをお話しします。

それは「shiftキー」または「CTRLキー」同時に使うことです。

ドラック&ドロップ

基本的にはデーターを「フォルダー」から「フォルダー」に「ドラック&ドロップ」で移動します。

「ドラック&ドロップ」とは、マウスの左クリックを「押したまま&離す」という意味です。

コピーと移動

この図のように「右のフォルダー」から「左のフォルダー」へデーターファイルをドラック&ドロップします。

コピー

例えば「Dドライブ」のデーターを「Fドライブ」へドラック&ドロップするとデーターが「コピー」になります。

異なるドライブにドラック&ドロップとコピーになるのです。

これを、shiftキー+ドラック&ドロップにするとデーターを「移動」に変えることができます。

移動

逆に「Dドライブ」のデーターを同「Dドライブ」へドラック&ドロップするとデーターが「移動」になります。

同じドライブへドラック&ドロップすると「移動」になるのです。

これを、CTRLキー+ドラック&ドロップで「コピー」に変えることができます。

データーファイルの複数選択

フォルダ内にあるデーターを複数選択する際は「shiftキー」を使った方法と、「CTRLキー」を使った方法があります。

shiftキーを使った方法

shiftキーを使った方法は、選択したい最初のファイルをクリックして、shiftキーを押しながら最後のファイルをクリックします。

図のように、一括で選択することができます。

CTRLキーを使った方法

CTRLキーを使った方法は、選びたいファイルを飛び飛びに選択することができます。

CTRLキーを押しながら、選択したいファイルをクリックしていきます。

図のように、選択することができます。

終わりに

いかがだったでしょうか。

データーファイルをドラック&ドロップする際は、一緒に「shiftキー」や「CTRLキー」を押してみると移動やコピーに変化します。

データーファイルを選択する際も、一緒に「shiftキー」や「CTRLキー」を押してみると一括に選択できます。

とても便利ですので使ってみてくださいね。

皆様のお役に立てたら嬉しいです。

Windows10【手書き入力】IMEパッドの出し方

【エクセル】とWPS officeスプレッドシートそしてGoogleスプレッドシート

もしよろしければにほんブログ村クリックお願いします。(*’▽’)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ABOUT ME
まさあき
「まさあき」といいます。 山形県の自然豊かな場所で親子3人と猫3匹でほのぼの生活しています。 只今51歳!剥げちゃって「髪なし」です! 2020年5月からブログ開始。 2021年からギター初心者がYouTubeに初投稿。 Twitter好き!朝活継続中。 一日一日をポジティブに、そして「良い一日」にできるように行動しています。 このブログは、そんなおじさんの思い付きを「ゆる~く」発信しています。