マイクロソフトオフィス

【エクセル】「0」から始まる数字を表示させる方法

Excelやスプレッドシートで書類を作成する際に、「00012」のような「0」から始まる数字を表示させたい時があると思います。

例えば「資格証の番号」だったり、「整理番号」だったりですね。

そんな時は、セルの中にを入れてから数字を入力すると表示されます。

「’」はキーボードの「shift + 7」です。

これは「0」を「数値」としてではなく「文字列」として扱うためのものです。

実際にやってみましょう。

通常通りだと下の図のように「00012」は「12」となります。

セルの中に「00012」と入力します。

エンターキーを押すと数値と認識されて「12」と表示されます。

そこで、キーボードのshift + 7です。を付けることによって「0」が表示されます。

「’00012」と入力します。

これでエンターキーを押すと、このように「’」は消えて「00012」と表示されます。

数値ではなく文字列として扱われます。

とても便利ですのでぜひ使ってみてください。

皆様のお役に立てたら嬉しいです。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

ABOUT ME
まさあき
「まさあき」といいます。 山形県の自然豊かな場所で親子3人と猫2匹でほのぼの生活しています。 只今51歳!剥げちゃって「髪なし」です! 2020年5月からブログ開始。 2021年からギター初心者がYouTubeに初投稿。 Twitter好き!朝活継続中。 一日一日をポジティブに、そして「良い一日」にできるように行動しています。 このブログは、そんなおじさんの思い付きを「ゆる~く」発信しています。