PC・ICT

【Excel】【WPS officeスプレッドシート】「F4」キーの使い方をわかりやすく解説

このブログではExcel」とWPS office「スプレッドシート」共通の数式について、キーボードのファンクションキー「F4」のちょっと便利な使い方をお話しします。

ファンクションキー「F4」は数式で指定するセルを固定(絶対参照)することができます。

通常の数式

通常の場合、下の図のように赤枠の部分に数式を入力します。

週間200,000円から10,000円を引きます。

残金が190,000円です。

190,000円のセル(右下)をドラック&ドロップしてコピーします。

数式をそのままコピーすえるので、空白のセルからの計算になってしまいます。

「F4」を使用した数式

通常と同じように中古PCの残金部分のセルに数式を入れます。

手順は

「+」→「200,000円のセル」をクイック→「F4」1回→「ー」→「10,000円のセル」→「エンター」

セルの右下をドラック&ドロップして数式をコピーします。

このように「200,000円のセル」は固定されて、新品PCとiMACProを引き算しています。

最後に

いかがだったでしょうか。

「F4]キーひとつで数式のセルを固定して計算することができます。

しかも3回押すことで切り替えることができます。

「F4」・・・1回押すとセルは固定。

「F4」・・・2回押すと行のみが固定。

「F4」・・・3回押すと列のみが固定となります。

皆様のお役に立てたら嬉しいです。

PVアクセスランキング にほんブログ村
ABOUT ME
まさあき
「まさあき」といいます。 土木施工管理歴30年。現在は地場の建設会社に勤務しております。1級土木、2級管工事、2級舗装、測量士、砕石業務管理者を保有しております。このブログは、工事現場に関する「施工管理」・「測量」そして現場で使用する「パソコン」について発信しています。 私の土木技術者として知識が皆様のスキルアップにつながるとうれしいです。