施工管理

【x-Rs-Rm管理図】の作り方をわかりやすく解説「Excelデータ」付き

このブログでは、品質管理図表で使用する「x-Rs-Rm管理図」の作り方についてお話しします。

一緒に、x-Rs-Rm管理図「Excelデータ」のダウンロードも行っています。

【x-Rs-Rm管理図】Excelデータダウンロードx-Rs-Rm管理図のExcelデータをダウンロードできます。 データと管理図の2つのシートに分かれています。 皆様のお役に...

x-Rs-Rm管理図は主にコンクリート工の圧縮強度・曲げ強度・スランプ・空気量の品質管理に使用します。

x-Rs-Rm管理図

x-Rs-Rm管理図はデータ「x」と、データの移動範囲「Rs」、最大移動範囲「Rm」を組み合わせた計算値となり、「5-3-5-7方式」で管理します。

「5-3-5-7方式」とは、最初の5個のデータを使って次の3個のデータを管理します。
次に、5個と3個を遇わせた8個のデータで次の5個のデータを管理します。
次に、5個と3個と5個を合せた13個のデータを使って次の7個のデータを管理します。
次も同じように、5個と3個と5個と7個を合せた計20個のデータを使って、次の10個を管理します。
30個のデータを得られたら、最近の20個のデータを使って、次の10個を管理します。
このように5-3-5-7-10-10・・と管理していきます。

ここで説明している「管理」というのは、「管理限界線(UCL、LCL)」のことを言います。

x-Rs-Rm管理図の作り方

コンクリート28日圧縮強度のデータをもとに作ってみましょう。

コンクリートの圧縮強度は3つの供試体の平均値を1つのデータとして考えます。

平均値xを計算

試験番号1~5までの1バッチ3個のデータの平均Xから平均値「ⅹ」を計算します。

移動範囲Rsの計算

試験番号1と2の平均Xの差、2と3の差、3と4の差のそれぞれ絶対値を計算します。

Rsの合計を求めて平均値を計算します。

測定値の範囲Rmの計算

測定値a、b、cの最小値と最大値の差を計算します。

Rmの合計を求めて平均値を計算します。

管理線の計算

x管理図

中心線 CL=x=26.4

上方管理限界値 UCL=x+E2×Rs=26.4+2.66×1.08=29.3

下方管理限界値 LCL=x-E×Rs=26.4-2.66×1.08=23.5

「E2」は品質管理係数を使い、「n=2」を使用します。

Rs管理図

中心線 CL=Rs=1.08

上方管理限界値 UCL=D4×Rs=2.57×1.08=3.53

下方管理限界値 LCL=考えない

D4はnに対応したもを使用します。

Rm管理図

中心線 CL=Rm=1.30

上方管理限界値 UCL=D4×Rm=2.57×1.30=3.34

下方管理限界値 LCL=考えない

D4はnに対応したもを使用します。

管理図(グラフ)の作成

Excelでは別シートにグラフが作られるようになっております。

安定状態の判定

上の管理図より、全てのデータが管理限界線の中に入っているので「安定」している状態となります。

終わりに

x-Rs-Rm管理図の作り方についてお話ししました。

コンクリート圧縮強度3つの供試体の平均値を1つのデータ「x」として考えて、データの移動範囲「Rs」、最大移動範囲「Rm」を組み合わせた計算値となり、「5-3-5-7方式」で、データが管理限界線内に入っているかを管理する方法です。

ダウンロードできるExcelデータは、圧縮強度の測定値a,b,cを入力するだけで、管理図ができるようになっております。

x-Rs-Rm管理図は主にコンクリート工に使いますが、土工、路盤工、アスファルト舗装工はx-管理図を使います。

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

皆様のスキルアップにつながれば幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

【コンクリート温度管理】に「データロガ温度計(Excel対応)」を使ってみましたセンサーの先端で測った温度は、設定した間隔でSDカードに記録されます。記録されたデータはExcelで編集できるのでとても便利です。...
ABOUT ME
まさあき
「まさあき」といいます。 土木施工管理歴30年。元ゼネコン社員。現在は地場の建設会社に勤務しております。1級土木、2級管工事、2級舗装、測量士、砕石業務管理者を保有しております。このブログは、工事現場に関する「施工管理」・「測量」そして現場で使用する「パソコン」について発信しています。 私の土木技術者として知識が皆様のスキルアップにつながるとうれしいです。