施工管理
PR

側溝【斜め切断】 落蓋式U型側溝300×300の計算ガイド

まさあき
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

このブログでは、道路工事や造成工事でよく使用される落蓋式U型側溝300×300の切断における墨出し計算方法について分かりやすく解説していきたいと思います。
特に、側溝を自然に曲げる折れ点部分の切断方法に焦点を当てます。

側溝を切断する理由

まず、なぜ側溝を切断する必要があるのでしょうか?

道路工事などの施工現場では、用地の境界線に沿って側溝を設置することが一般的です。

しかし、境界線は常に直線ではなく、曲がりくねっていることが多いため、直線的な側溝だけでは対応できない場面があります。

このような場合、曲がり角を作るためには側溝を適切に切断する必要があります。

切断のポイント

上の画像のように自然な形で側溝を折るためには、2本とも同じ角度で切断する必要があります。

わかりやすいように図にしてみました。

下の図は折れ点の接続部分を分解した図です。

このように同じ角度で切断すると、接合部分の断面積が同じになり、キレイに接続できます。

あわせて読みたい
側溝設置を簡単に:折れ点の切断寸法の拾い方|落蓋式U型側溝300
側溝設置を簡単に:折れ点の切断寸法の拾い方|落蓋式U型側溝300

計算方法のステップ

さて、具体的な計算方法に入りましょう。
落蓋式U型側溝300×300を斜めに切断するには、以下のようなステップで計算します。

小型の側溝は引っくり返した状態で切断することが多いかと思われますので、底から見た状態の断面で計算します。

比率の計算

側溝の幅(520mm)に対して切断する長さ(135mm)の比率を計算します。

135÷520=0.2596

となります。

勾配で言うと25.96%ですね。

切断位置の計算

次に、この比率を利用して側溝を裏返しにした底部分の切断位置を計算します。

この比率を踏まえて、側溝を裏返しにした底の部分の切断位置を計算してみます。

例えば、左側面取り部分は側溝の左端から50mm離れていますので、

50×0.2596=12.98mm≒13mm

とになります。

繰り返し計算

同様の計算を右側面取り部やその他の必要な部分に対しても行います。
最終的には、側溝全体で必要な切断位置を正確に割り出します。

ということで、同じく左面取り部から30㎜右側、50+30=80mm

80×0.2596=20.768mm≒21mm

DCP PHOTO

次に、右側面取り部、50+30+360=440mm

440×0.2596=114.224≒114mm

そして、右側面取り30mm部分、50+30+360+30=470mm

470×0.2596=122.012≒122mm

DCP PHOTO

まとめ

今回のブログでは、落蓋式U型側溝300×300の折れ点部分を切断する際の墨だし計算方法を紹介しました。

違和感のないキレイな折れ点を形成するためには、2本の側溝を同じ角度で切断する必要があります。

具体的には、側溝の幅に対する切断長さの比率を計算し、それを基に各切断位置を割り出します。

正確な計測と計算により、側溝のキレイな折れ点と機能的な接続が可能になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

他の記事も読んでみよう
あわせて読みたい
安部建設グループホームページ
安部建設グループホームページ
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村
施工管理技士・受験対策通信講座「独学サポート事務局」申込促進プロモーション
ABOUT ME
川下 政明
川下 政明
土木施工管理技士
川下政明(かわしもまさあき)と申します。
土木施工管理歴30年。
地場の建設会社に勤務しております。
1級土木、2級管工事、2級舗装、測量士、砕石業務管理者を保有しております。
このブログは、工事現場に関する「施工管理」・「測量」・「HO_CAD」・「JW-CAD」・「パソコン」などについて発信しています。
参考にしていただけると嬉しいです。
記事URLをコピーしました