PC・ICT

「60進法(度°分’秒”)」⇔「十進法」の計算方法【Excel】を分かりやすく解説します

このブログでは「Excel」を使って、【度°分’秒”】を【10進法】へ変換、そして逆に【十進法】を【60進法(度°分’秒”)】へ変換する「数式」についてお話しします。

度°分’秒”(60進法)はそれぞれセルで区切られた形で計算いたします。

【60進法(度°分’秒”)】を【十進法】へ

下の図のように「A2,B2,C2」それぞれ度分秒を入力します。

E2のセルに計算式を入力しましょう。

(C2/60+B2)/60+A2

(15÷60+53)÷60+28=28.8875

となります。

【十進法】を【60進法(度°分’秒”)】へ

つづいて、10進法を60進法へ変換していきます。

A4,B4,C4にそれぞれ計算式を入力しましょう。

【度】A4の数式=INT(E4)

「INT」は「小数点以下は切り捨て」というExcelの関数です。

43.4212なので43になります。

【分】B4の数式=INT((E4-A4)*60)

(43.4212-43)×60=25.272となり、答えの小数点以下を切り捨てた数字「25」です。

【秒】C4の数式

=ROUND(((E4-A4)*60-INT((E4-A4)*60))*60,0)

「ROUND」は「四捨五入」というExcelの関数です。

((43.4212-43.0)×60-INT((43.4212-43.0)×60))×60=

(0.4212×60-INT(0.4212×60))×60=

(25.272-25)×60=

16.32

「ROUND,0」なので、小数点以下四捨五入です。

16.32≒16

となります。

この数式のINTは手入力のほうが早いです。

おわりに

【60進法】を【10進法】へ変換、そして逆に【10進法】を【60進法】へ変換する「数式」についてお話ししました。

数式をそのままコピペしていただいても大丈夫です。

是非Excelを使って計算してみてください。

PVアクセスランキング にほんブログ村
ABOUT ME
まさあき
「まさあき」といいます。 土木施工管理歴30年。現在は地場の建設会社に勤務しております。1級土木、2級管工事、2級舗装、測量士、砕石業務管理者を保有しております。このブログは、工事現場に関する「施工管理」・「測量」そして現場で使用する「パソコン」について発信しています。 私の土木技術者として知識が皆様のスキルアップにつながるとうれしいです。