PC・ICT

ファイルの【コピーと移動】を使い分ける【ドラック&ドロップ】おススメテクニックWindows10

このブログでは、データーファイルを移動する際の便利なテクニックをお話しします。

ファイルをフォルダからフォルダへ移動する場合、ドラックして移すと「移動」や「コピー」と小さく表示されて移ります。
本当は「移動」じゃなくて「コピー」で移ってもらいたかった!
そんな時はマウスとキーボードの「shiftキー」または「CTRLキー」同時に使うと移動やコピーを自由に選択できます。

ドラック&ドロップ

基本的にはデーターを「フォルダー」から「フォルダー」に「ドラック&ドロップ」で移動します。

「ドラック&ドロップ」とは、マウスの左クリックを「押したまま&離す」という意味です。

コピーと移動

この図のように「右のフォルダー」から「左のフォルダー」へデーターファイルをドラック&ドロップします。

コピー

例えば「Dドライブ」のデーターを「Fドライブ」へドラック&ドロップするとデーターが「コピー」になります。

異なるドライブにドラック&ドロップとコピーになるのです。

これを、shiftキー+ドラック&ドロップにするとデーターを「移動」に変えることができます。

移動

逆に「Dドライブ」のデーターを同「Dドライブ」へドラック&ドロップするとデーターが「移動」になります。

同じドライブへドラック&ドロップすると「移動」になるのです。

これを、CTRLキー+ドラック&ドロップで「コピー」に変えることができます。



データーファイルの複数選択

フォルダ内にあるデーターを複数選択する際は「shiftキー」を使った方法と、「CTRLキー」を使った方法があります。

shiftキーを使った方法

shiftキーを使った方法は、選択したい最初のファイルをクリックして、shiftキーを押しながら最後のファイルをクリックします。

図のように、一括で選択することができます。

CTRLキーを使った方法

CTRLキーを使った方法は、選びたいファイルを飛び飛びに選択することができます。

CTRLキーを押しながら、選択したいファイルをクリックしていきます。

図のように、選択することができます。

終わりに

いかがだったでしょうか。

データーファイルをドラック&ドロップする際は、一緒に「shiftキー」や「CTRLキー」を押してみると移動やコピーに変化します。

データーファイルを選択する際も、一緒に「shiftキー」や「CTRLキー」を押してみると一括に選択できます。

とても便利ですので使ってみてくださいね。

皆様のお役に立てたら嬉しいです。

Windows10【手書き入力】IMEパッドの出し方

【エクセル】とWPS officeスプレッドシートそしてGoogleスプレッドシート

PVアクセスランキング にほんブログ村
ABOUT ME
まさあき
「まさあき」といいます。 土木施工管理歴30年。現在は地場の建設会社に勤務しております。1級土木、2級管工事、2級舗装、測量士、砕石業務管理者を保有しております。このブログは、工事現場に関する「施工管理」・「測量」そして現場で使用する「パソコン」について発信しています。 私の土木技術者として知識が皆様のスキルアップにつながるとうれしいです。