お役立ち情報

【生命保険】自分の保険理解していますか?

ようこそ!まさあきです。

私は以前、「金利変動型積立生命保険」に加入していました。

おおよそ20年間、保険会社さんに言われるがままです。

正直よくわからなかったという事もありますし、面倒でしたのでお任せしていました。

この度、住宅ローンを組むことになったので、家計の支出について見直ししました。

生命保険についても見直ししてみようと思い、「生命保険証書」をじっくりと読んでみようと思ったのです。

生命保険を考えてみる

我が家の家計で2番目に大きい支出となっているのが生命保険料です。

夫婦で毎月約3万円の支出です。

皆さんは現在加入している生命保険を説明できるでしょうか。

私は全く分からなかったのです。

今までの認識としては良い保証の生命保険は料金が高く、死亡した時はたくさんお金がもらえるはずだ!というくらいです。

私の周りでは「生命保険に入っていないよ!」っていう人がいません。

日本人が一生支払う保険料の総額は1,000万円を軽く超えるというとても高い買い物です。

死亡した時はもちろん、入院した時などにも手厚い保証があるのは本当に心強いですね。

生命保険

保険にかかっている人が死んだとき、又は一定の年になった時、お金を支払うことを約束した保険の仕組み。

出典:金田一京助 例解学習国語辞典第十版ドラえもん版 2015年2月28日 P-641

やはり月々3万円の支出は厳しいですね。

改めて私自身が加入している生命保険証書をしっかり見てみると、利率変動型積立保険ということがわかりました。

これはどういう保険なのでしょうか。

利率変動型積立保険って?

難しそうな名前の保険ですね。

保険証書をよく見てみるとこういうことがわかりました。

利率変動型積立終身保険は「アカウント型」や「自由設計型保険」ともいうそうです。

保険の期間を大きく分けて第一保険期間「積立部分」と第二保険期間「保障部分」とになっています。

  • 第一保険期間中は積立部分を主契約とし、定期保険(特約)や医療保険(特約)などの保障部分をセットした保険です。
  • 第二保険期間では、第一保険期間に積み立てた額を元に、終身保険に移行するため、何歳で亡くなっても、一時金で死亡保険金が支払われます。

参考:生命保険証書(まさあき加入分)

毎月の保険料から積立部分を差し引いた保険料が、保障部分になります。

簡単に言うと、保険と投資信託がセットになっているといったほうがわかりやすいのでしょうか。

保険の投資部分について見てみると最低利率0.01%よりは下回らないということですが、加入当時は0.05%と記載してありました。

改めて見ると低い利率ですね。

この部分が変動するということです。

投資の内容としては記載がないみたいですが、保険会社のHPで確認してみると国債と社債そして日本株ということでした。

保険は加入するというのではなく保険を買うというイメージが正解です。

保険料金というものは自分で理解していて保険会社に請求しない限り保険金はもらえない金融商品なのです。

私は、生命保険を解約する際に、保険会社の担当の方に質問しました。

「毎月の保険料のうち積み立てていたのはいくらなのでしょうか?」

答えは「積み立てていません」です。

「利率変動型積立終身保険なのでは?」答えは「そう書いてありますねハハハ」です。

詳しく聞くと、初期のうちに積み立てした20万円ほどを0.01~0.05%で運用しているということでしたが、「銀行よりは金利がいいですよ」とのことです。

20数年間保険金を払い続けていたのに本当に寂しい答えでした。

日本の保険はすごい

生命保険について確認したところで、私たちは既に素晴らしい保険に入っていることを確認しましょう。

私も曖昧にでしか認識しておらず、どの程度保障されているのかを再確認しました。

日本は「国民皆保険」です。

  • 国民皆保険制度の意義
  1. わが国は、国民皆保険制度を通じて世界最高レベルの平均寿命と保健医療水準えお実現。
  2. 今後とも現行の社会保険方式による国民皆保険を堅持し、国民の安全・安心な暮らしを保障していくことが必要。

出典:厚生労働省【わが国の保険について】

日本の国民皆保険制度の特徴

  1. 国民全員を公的医療保険で保障
  2. 医療機関を自由に選べる。(フリーアクセス)
  3. 安い医療費で高度な医療
  4. 社会保障方式を基本としつつ、皆保険を維持するため公費を投入。

医療費の一部負担(自己負担)割合は、75歳以上の者は1割(現役並み所得者は3割)。

70歳から74歳までのものは2割(現役並み所得者は3割)。

70歳未満の者は3割。

6歳(義務教育就学前)未満のものは2割になります。

そして自己負担金には上限があります。

所得に応じて変わりますがおおよそ10万円くらいです。高額に医療費がかかっても個人で負担しなくてはならない金額はおおよそ10万円ということです。

そして毎月支払う保険料は個人と会社で半分!つまり半額ということです。

なので財布にも優しいですね。しかも扶養している妻子の分は払わなくてもよいのです。お得ですね。

高額医療費制度の概要

高額医療費は制度は、家計に対する医療費の自己負担が過重なものとならないよう、医療機関の窓口において医療費の自己負担を支払っていただいた後、月ごとの自己負担限度額を超える部分について、事後的に保険者から償還払い(※)される制度。

(※1)入院の場合、医療機関の窓口での支払いを自己負担限度額までにととめる現物給付化の仕組みを導入

(※2)外来でも、平成24年4月から、同一医療機関で自己負担限度額を超える場合に現物給付化を導入

自己負担限度額は、被保険者の所得に応じて設定される。

出典:厚生労働省【わが国の保険について】

それから病気やけがで働けなくなったときに保証してくれるのもあります。これが傷病手当金ですね。この傷病手当金をもらうための条件は4つあります。

  • 仕事以外での病気やケガで休んでいること。
  • 療養のために仕事ができない
  • 連続する3日間を含み4日以上仕事ができない
  • 休業中に給与の支払いがないこと

受給期間は最大で1年6か月です。もらえる金額は平均月収の3分の2です。その他に出産手当金などもあります。

それから1年6か月以上の長い期間働けなくなった場合、障害(1級~3級)になってしまったとしてもこの社会保険では「障害年金」というものがもらえる仕組みになっています。これは1年6か月経っても働けない状態の場合のみ支給されるようです。

次に毎月給料を稼いでくるお父さんが亡くなってしまった場合は遺族年金がもらえます。

国民年金や厚生年金の加入者が死亡した場合の遺族に支給されます。

そこで、各自治体などで準備されている助成金や減免制度などをまとめてみました。

いざという時は需給条件を確認して活用しましょう。

  1. 児童手当
  2. 児童扶養手当
  3. 児童育成手当
  4. 特別児童扶養手当
  5. 遺族年金
  6. 母子家庭・父子家庭の住居手当
  7. 生活保護
  8. ひとり親家族等医療費助成制度
  9. 乳幼児や義務教育就学時の医療費助成
  10. 所得税・住民税の減免制度
  11. 国民年金・国民健康保険の免除
  12. 交通機関の割引制度
  13. 粗大ごみ等処理手数料の減免制度
  14. 上下水道の減免制度
  15. 非課税貯蓄制度(マル優)
  16. 保育料の免除と減額

このように、日本の保険にはとても心強い制度があります。これらの制度を知っておくだけでも将来への不安が少し軽くなりますね。

まとめ

昔からお世話になっている国民皆保険の制度をある程度理解すると民間の保険はそれほど必要性がないということがわかってきます。

とはいっても残された家族に負担をかけないようにしたいという思いもあるので、掛け捨てタイプの保険に加入するだけで十分ですね。

結論として保険は安い掛け捨てタイプ保険にして、老後のための積み立てが必要な場合は積み立て型保険ではなく証券会社の投資信託で投資するというのがベストではないでしょうか。

今まで支出していた3万円のうち1万円を生命保険に割り当てて残りの2万円を投資信託で積立したほう保険料も安く済みますし、積み立ても投資信託のほうが利率や手数料がお得ですよね。

生命保険を見直すには国民皆保険の制度をある程度理解したうえで検討することをお勧めします。

ゆとりのある生活への第1歩となるのではないでしょうか。

家計を見直しませんか

【ふるさと納税】やってみました

一色誠 平成26年9月21日 【30分でわかる生命保険】 ぱぶあす

保険のいろは編集部 2018年10月1日 【生命保険「最強」の見直し術】

厚生労働省ホームページhttps://www.mhlw.go.jp/index.html

両@リベ大学長 2020年6月30日 【本当の自由を手に入れるお金の大学】 大日本印刷株式会社

PVアクセスランキング にほんブログ村
ABOUT ME
まさあき
「まさあき」といいます。 山形県の自然豊かな場所で親子3人と猫3匹でほのぼの生活しています。 只今51歳!剥げちゃって「髪なし」です! 2020年5月からブログ開始。 2021年からギター初心者がYouTubeに初投稿。 Twitter好き!朝活継続中。 一日一日をポジティブに、そして「良い一日」にできるように行動しています。 このブログは、そんなおじさんの思い付きを「ゆる~く」発信しています。