マイクロソフトオフィス

「Excel」関数【ROUND】の使い方

こんにちは!まさあき(@pooloyolo)です。

マイクロソフトオフィス「Excel」の関数「round」について、使い方メリットを図を使ってわかりやすく説明します。

【ROUND】とは、「数値を指定した桁数に四捨五入した値を返します。」です。

つまり、四捨五入できます!という関数です。

関数を使わなくても四捨五入できるのでは?

四捨五入であれば、下の図のように「ホーム」タグのリボンの中にある「数値」で簡単に桁数を調整できるのでは?

そうです!この機能を使っても小数点以下の桁数を調整できます。

しかし、この機能をよく見てみると「小数点以下の表示桁数を減らす」または「増やす」となっております。

あくまでも「表示」だけが四捨五入されるので、中身の数値はそのままなのです。

例として、下の図のように「円」の面積を求めた表を作ってみました。

円の面積は、(円周率×直径の二乗)÷4で求めることができますね。

その式をセルに入れて計算すると、小数点3位~5位のものまで出てきます。

隣の列に、円の面積を同じように計算して、「小数点以下の表示桁数を減らす」を使い、小数点第1位に表示させてみました。

それぞれ円の面積を合計してみると「31.4」と表示されてしまいます。

実際に小数点第1位の数値を計算すると「31.5」になるはずなのですが、表面上だけが小数点第1位で、中身は左隣の列と同じ数字の小数点3位~5位のままなのです。

その為、合計は31.42355となり「31.4」という表示になっているのです。

関数「ROUND」使い方とメリット

では、関数「ROUND」を使ったものを隣の列に入れて計算してみます。

編集バーの横にある「ƒx」(関数の挿入)をクリックします。

関数の分類は「数学/三角」です。「ROUND」を選択して「OK」をクリックします。

「関数の引数」のウィンドウが表示されます。

「数値」に円の面積を求める数式を入れます。(C3*B3^2)/4

C3とB3はセルの番号です。2乗は「^2」で計算できます。

「桁数」については次のようになっています。

3 小数点第3位
2 小数点第2位
1 小数点第1位
0 小数点第0位
-1 1の位を四捨五入
-2 10の位を四捨五入
-3 100の位を四捨五入

ですので、今回は「1」を入力して「OK」をクリックします。

ROUNDによって計算された円の面積の数式を下の行までコピーして、合計してみましょう。

表示されている小数点第1位の数値をそのまま計算しています。

下の図のように、合計した結果は「31.5」と表示されました。

ROUNDで計算した数値は、表示された数値そのものですので、合計した際に「0.1」合わない!といったことがありません。

これが「ROUND」を使用するメリットになります

おわりに

「ROUND」の使い方を説明させていただきました。

四捨五入した数値のセルを別な数式で使用する際は、「ROUND」を使っておく事をお勧めします。

セルに表示されている数値が、実際には小数点以下の数値が何桁か隠れていて、計算結果が微妙に合わなくなるといったことが無くなります。

同じ使い方の関数で、「ROUNDUP」(切り上げ)「ROUNDDOWN」(切下げ)もあります。

金額の計算などで使われることが多いと思います。1,000円以下を切り捨てて表示したい時などにとても便利です。

以上、皆様のお役に立てたら嬉しいです。

ブログ村に参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村
ABOUT ME
まさあき
「まさあき」といいます。 山形県の自然豊かな場所で親子3人と猫2匹でほのぼの生活しています。 只今51歳!剥げちゃって「髪なし」です! 2020年5月からブログ開始。 2021年からギター初心者がYouTubeに初投稿。 Twitter好き!朝活継続中。 一日一日をポジティブに、そして「良い一日」にできるように行動しています。 このブログは、そんなおじさんの思い付きを「ゆる~く」発信しています。